新幹線運転士のアルコール検知の原因は?飲酒ではなく消毒の可能性!

2021年9月27日、
山陽新幹線の車掌と運転士の2名から
乗車前の呼気検査を行った際に、
アルコールが検出されたため、
新岩国発新大阪行きの
山陽新幹線こだま838号が、
新岩国―広島間で運休しました。

スポンサードリンク

新幹線運転士のアルコール検知の原因は?

山陽新幹線の運転士と車掌からアルコール検知した報道

JR西日本は27日、
新岩国駅(山口県岩国市)から
乗務予定だった運転士と車掌から
アルコールを検知し、
交代させる手配をしたため、
新岩国発新大阪行き
山陽新幹線こだま838号を
新岩国―広島間で運休した
と発表した。
乗車前の呼気検査で判明した。
JR西は
「飲酒があったのかどうか詳細は調査中」
としている。

引用元:https://news.livedoor.com/

 

現在では飲酒運転根絶の風潮から
新幹線での常務の際はもちろんのこと、
タクシー会社や運送会社なども、
ドライバーが乗車する前に
アルコール検査を行っています。

 


出典:https://mainichi.jp/

しかし、今回は新幹線に乗務予定だった
運転士と車掌の2名から
アルコールが検出されています。

スポンサードリンク

運転士と車掌が飲酒?

新岩国発新大阪行き
山陽新幹線こだま838号は、
早朝6時38分に新岩国駅を出発します。
ということは、運転士と車掌は
早朝5時くらいには出勤
アルコール検査を受けていたと思われます。

ということは、
前の晩に多量の飲酒をして、
アルコール呼気検査で
アルコールが検出されたのでしょうか?

スポンサードリンク

運転士と車掌2人同時に飲酒はあり得ない?

新幹線の運転士と車掌ともなれば、
乗務前にアルコール検査を行うことは
十分承知していますよね。

ましてや、新幹線運転士というのは
JRの中でも憧れの存在であり、
簡単に就ける仕事ではありません。
そのため、
前の晩に深酒するようなことは
あり得ないと思われます。

それも一人だけアルコールが
検出されたということあれば、
可能性としてはありえますが、
今回は2人同時にアルコール呼気検査で
アルコールが検出されています。

では、二人そろってアルコールが
検出されたのはなぜでしょうか?
一つの可能性が浮かんできました。

スポンサードリンク

飲酒ではなく消毒の可能性!

アルコール消毒が原因?

コロナ禍において、人が手を触れるようなところは
アルコール消毒することが当たり前になっています。

ましてや、インフラでもある新幹線が
乗務員のコロナ感染などで
運転士や車掌が確保できず、
運休となってしまえば、
社会的にも非常に
大きな影響を及ぼすので、
JRとしては絶対に
クラスターを発生させたくない
と思っていることは間違いないですよね。

 

 

そのため、JRの職員が
アルコール検知器をアルコール消毒してしまい、
その検知器を使った運転士と車掌から
アルコールを検出したと誤検知した
可能性があります。

おそらくマニュアルなどによって、
検知器をアルコール消毒してしまうと、
検査結果に影響が出るため、
アルコール消毒は禁止されている
と思いますが、
職員がそのことを失念していたりして、
アルコール消毒してしまった
のではないでしょうか。

スポンサードリンク

手についたアルコールが検知器に付着?

ほかの可能性としては、
手指を消毒した際に
アルコールが検知器に付着した可能性
も考えられます。

実は、お酒を飲んでいなかったとしても
ラッキョウを食べると
アルコール検知器が反応したり、
体をふくシートなどでも
アルコール検知器が
反応することがあるようです。

今回の運転士と車掌について、
JRは近いうちに詳細を発表すると思われるので、
こちらで続報をお伝えします!

スポンサードリンク

【続報】消毒液を誤検知

2021年9月27日の夕方のニュースで、
新幹線の運転士と車掌から
アルコールが検知された件で、
原因は消毒用のアルコールが、
共有ロッカーから漏れて、
検知器が誤検知したと発表しました!

 

スポンサードリンク

まとめ

  • JRの運転士と車掌の2名からアルコール検出
  • 運転士と車掌の二人とも深酒していた可能性は低い
  • 2名からアルコール検出したのは、アルコール消毒の影響か?

 

続いて下記の記事をご覧ください。

最新情報をチェックしよう!