東京大学で逮捕の少年が刃物を持っていた理由は?計画的犯行の証拠!

2022年1月15日、東京大学で行われた大学入学共通テストの会場で
17歳少年が刃物で他の受験生とトラブルを起こして
高校生や70代男性が怪我をする事件がありました。

犯人の17歳少年については、同じ受験生だったとされていますが、
なぜ入試会場に刃物を持ち込んだのか?
計画的犯行の理由について、
気になって調査したので、
みなさんにご紹介していきます。

 

スポンサードリンク
 

 

東京大学で逮捕の少年が刃物を持っていた理由は?

犯人の顔画像や事件の詳細情報

警視庁によりますと、15日午前8時半すぎ、
東京・文京区で70代の男性が
「東大の中で刺された」と交番に訴え出ました。
警察官が駆けつけると、この70代の男性のほかに、
大学共通テストの受験生とみられる
男子高校生と女子高校生のあわせて3人が
刃物で切りつけられるなどして
ケガをしていたということです。
詳しいケガの程度はわかっていませんが、
意識はあるということです。

引用元:https://www.news24.jp/

 

 

では、犯人の特徴や情報をまとめてお伝えします。

 

  • 事件発生は試験開始前の午前8時半頃
  • 犯人は会場に来ていた17歳受験生
  • 試験開始前にトラブルを起こしていた

 

さすがに17歳ということもあり、
顔画像が公開されたり
名前が実名報道されることはないと思います。

 

なんと、この17歳少年は
東京メトロ東大前駅で着火剤で火をつけた
という放火事件にも関与していました。
もうここまでくると完全に頭がおかしいですね。。。
明らかに試験を妨害したり、
他の受験生に危害を加えるつもりがあったようです。
大阪の事件だったり、電車内で火をつけたり、
なにかと物騒な事件が続いていますね・・・

 

関連記事

2021年8月6日夜に 小田急線を走る電車の車内で、 無差別殺傷事件が発生し、 10人が重軽傷を負う事件が発生しました。 犯人である対馬悠介容疑者は 人を刺しただけではなく、 持っていたサラダ油を車内に撒いて それに火をつけよ[…]

 

東京大学が事件現場になっていたので、

「犯人は東京大学を目指す頭のいい学生なのか?」

「エリートが勉強のし過ぎでおかしくなった?」

と思う方もいるかもしれません。

しかし、そういうわけではなく、
東京大学がある文京区周辺の受験生の会場が、
東京大学で試験を行うということです。
そのため東京大学を目指す学生というわけではないんですね。

 

この事件を受けて、15日と16日には
東京大学へ入るためには
厳しいセキュリティ体制が敷かれているそうです。
これはマスコミ対策ということだと思います。

 

スポンサードリンク
 

被害者の顔画像や事件の詳細情報


引用元:https://news.yahoo.co.jp/

 

被害者の概要と簡単にご説明します。

  • 被害者は高校生男子1名、女子1名、70代男性1名
  • 男子高校生が重傷
  • 70歳男性が容態急変で緊急手術
  • 顔画像や名前は公開されていない

 

 

被害者の方の容態も気になりますが、
幸いなことに意識があるということですので、
命に係わるような怪我ではなさそうです。
その被害者2人の受験生はどうやって試験を受けるのか?
何かしらの救済措置があるのか?
気になるところではあります。

 

被害者は東京大学を目指す受験生というわけではなく
東京大学がある文京区周辺の受験生の会場が、
東京大学で試験を行うということです。
そのため東京大学を目指す学生というわけではありません。

 

入学試験については、
事件後に通常通り行われたとのことです。
他の受験生へのメンタル的な影響についても、
非常に気になるところではありますね。
今まで頑張って勉強してきたのに、
こんな一人の凶行によって、自分の大学受験という
大きなターニングポイントの邪魔をされるなんて、
たまったものではありませんよね。

 

スポンサードリンク
 

東京大学の事件現場の画像や動画

気になるのは事件現場がどういった状況になっているのか?
ということですよね。

 

わかっていることは、
東京大学弥生キャンパス(農学部)の正門付近が事件現場
だということだそうです。
地図はこちらです。

 

こちらが正門の画像です。


引用元:https://www.google.co.jp/maps/

 

てっきに受験会場での事件だったので、
教室の中で行われた犯行かな?
と思いましたが、そういうわけではないようです。

 

記事執筆時点では
事件現場の画像や動画は公開されていません。
先述の通り15,16日はマスコミを
シャットアウトする態勢のようですので、
実際に事件現場の画像や動画が公開されるのは、
17日以降になるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク
 

計画的犯行の証拠!

自宅から刃物を持ち出した

東京大学弥生キャンパスの正門前で事件が起きました。
トラブルというのはなんなのか不明ですが、
試験会場の入り口では
持ち物検査が行われることはありません。

 

 

事件が発生したのは朝8時半頃ということなので、
自宅を出た後にどこかのお店で刃物を買って、
試験会場に向かうというのは、
ちょっと考えづらいですよね。
となると、自宅から刃物を持参していた
ということになります。

 

これは明らかに計画的犯行ではないでしょうか?

 

では、なぜ一体計画的犯行を行ったのか?
次の章でご紹介していきます。

 

スポンサードリンク
 

犯行動機①受験勉強でストレスが溜っていた?

17歳少年の犯行動機については、
記事執筆時点では明らかになっていません。
そのため気になる方も多いようですね。

 

17歳というのは受験だったり学生生活だったり、
いろいろと悩みが多い時期でもあります。
そのため犯人の17歳少年もストレスが溜っていて、
受験会場で騒ぐなどして犯行に及んだ可能性があります。

 

 

 

犯行動機②自暴自棄になった

受験を控えていたのに、なかなか成績が上がらずに、
フラストレーションがたまっていて、
他の受験生がうらやましく見えた
という可能性もあります。

 

わざと騒ぎを起こして、
自暴自棄になったのかもしれません。

 

 

犯行動機③うつ病や精神病を患っていた

何かと多感な時期でもある17歳。
うつ病や精神病を患っていて、
周りが全て自分の敵に見えたり、
心神耗弱状態だったかもしれません。

 

 

もし、心神耗弱状態が認められれば
処罰を免れる場合もあります。
しかし、しっかりと治療として社会に復帰してほしいですよね。
そうだとしても受験という大きな舞台で、
怪我を負ってしまった被害者が
かわいそうで仕方ありませんが・・・

 

 

スポンサードリンク
 

 

世間の反応

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

  • 犯人の17歳少年は自宅から刃物を持参した計画的犯行だった?
  • 被害者は命に別状はない
  • 被害者への救済措置は不明

 

続いて下記の記事をご覧ください

最新情報をチェックしよう!