鼻出しマスクで逮捕された49歳男性の名前(実名)や顔は特定された?その後釈放される

受験生の方にとって大切な
大学入試共通テストで起こった出来事です。
2021年1月16日に大学入学共通テストの際に、
マスクを着用するも鼻を出していたため、
鼻も覆うように試験官から
6回も注意されたのにもかかわらず、
指示に従わずに、その後テスト会場の
トイレに3時間もたてこもり、最終的には
「建造物不退去容疑」で警察官に逮捕されるという事件が
世間を騒がせました。
当初の報道では49歳の男性とされていますが、
実名、名前、顔などは報道されていません。

しかし2021年1月20日の新たな報道では、
1月19日夜に保釈され短いながら
インタビューを受けていたことがわかりました。
報道各社は
逮捕された人物の実名、名前、顔を把握している
ということですね。
では、実名、名前、顔が報道されたのかを調査してみました。

 

併せて読みたい↓

逮捕されて名前(実名)が報道されない場合の基準や理由は何?なぜ芸能人はすぐに実名報道?

 

 

スポンサードリンク
 

鼻出しマスクで逮捕された49歳男性に関する報道内容

 16日の大学入学共通テストで鼻をマスクで覆わずに失格になった受験生の男(49)が警視庁に現行犯逮捕されていたことが19日、明らかになった。

例年とは異なる環境を強いられた大学入試の現場を混乱させた49歳の受験生は、試験失格どころか現行犯逮捕されていた。

大学入試センターや関係者などによると、受験生は16日に東京・江東区の東京海洋大越中島キャンパスで試験に臨んだが、最初に実施された「地理歴史・公民」の試験時からマスクで鼻を覆っていなかった。

試験監督が覆うように6回求めたが、応じず。「次は不正行為になる」と伝達されたが、午後の「英語・リーディング」でも“鼻出し”だったため、試験中に不正行為での失格を告げられ退席を求められた。

~引用元:https://news.livedoor.com/

 

この報道では、当初
「鼻を出していたことで逮捕された」
と解釈してしまう方も多かったようです。
報道記事のタイトルだけみて判断してしまったようですね。
その後、事件の詳細が報じられると、
逮捕されたのは「49歳男性」だということに注目が集まり、
世間からも批判の声が相次いでいました。

 

他の受験生にも影響

男性は試験中に書面によって
試験監督者より注意を受けていたそうです。
しかし、その警告文書を振り払ったようです。
最終的には試験会場からの移動を求められても、
移動を断固として拒否したため、
その部屋にいた受験生たちが
別室に移動しなければいけない事態になりました。

試験会場には当然、他にもたくさんの受験生がいます。
大切な試験の最中には、外から聞こえる騒音や、
えんぴつが転がっただけでも
集中力がそがれることもあります。
そんな極度の緊張状態の中、
なんどもマスクの着用について
何度も注意されている人物がいたら、
とても不愉快ですよね。
その拒否する理由も聞いていて理解できるものではなく、
自分勝手な主張ばかり繰り返しているとしたら、
余計に腹が立ちます。
実際に、同じ試験会場にいた受験生からは
苦情も相次いでいたようです。
自分ではコントロールできない事態ということもあり、
周りの受験生も相当なストレスだったと思います。

 

逮捕された試験会場はどこ?

東京都江東区にある東京海洋大越中島キャンパス
のトイレの個室だということがわかりました。
地図はこちらです。
ということは、
逮捕された49歳男性は東京都内在住の可能性が高いですね。

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

次の章以降では、
逮捕された49歳男性の名前(実名)や、
顔が特定されたのか?
について迫っていきます。

 

↓続きは次のページをご覧ください↓

 

最新情報をチェックしよう!