マハラージャンは何者?元会社員がメジャーデビューした理由がヤバイ

みなさんはマハラージャンをご存知でしょうか?
2021年3月にデビューしたばかりの歌手で、
スーツを着て頭に大きなターバンを
巻いている異色なアーティストです。
なんと、元会社員のマハラージャンさん。
マハラージャンさんとは何者なのか?
なぜ頭にターバンを巻いているのか?
そして
なぜ元会社員がメジャーデビューしたのか?

気になって調査したので、
皆さんにご紹介していきます。

スポンサードリンク

マハラージャンのプロフィール

・名前:マハラージャン

・本名:非公開

・生年月日:非公開

・年齢:非公開

・出身地:東京都

・デビュー:2019年

・所属事務所:ソニーミュージック

・最終学歴:大学院

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maharajan(@moechu4)がシェアした投稿

2021年3月24日に「セーラ☆ムン太郎」で
ソニーミュージックよりメジャーデビュー。
その後NHK「シブヤトオト」出演や、
YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」
にも登場し、話題沸騰となっています。

メジャーデビュー前は2019年11月より
「いいことがしたい」をリリースしています。
この曲は作詞作曲、編曲、演奏まで、
全てマハラージャンさん一人でこなしたという
苦労の多い作品です。

マハラージャンさんの公式サイトには
下記のようなプロフィールが
掲載されています。

東京都出身。大学院卒業後、CM制作会社へ就職。2018年WEB広告代理店に転職し、会社員として勤務する傍ら、日夜音楽活動に勤しむ。社会人になってから感じた強烈な劣等感や、耐え難い苦悩、屈辱に苦しんだ結果、「スパイス×ダンスミュージック」という現在のスタイルにたどり着く。働き方改革が問われる現代が産み落とした、スパイス香るアジアの異端児。

引用元:ソニーミュージック

元会社員だから、スーツを着ているんでしょうか。
しかし、大学院卒業ということなので、
きっと相当頭がいいんでしょうね。
どこの大学院なのか?
どこの学部なのか?
気になるところですが、
残念ながら現時点では
そういった情報は公開されていません。

 

マハラージャンさんのツイッターには
履歴書が載っていました!
画像が醜いので、
経歴・職歴について
ご紹介していきます。
どこまで本当なのか不明ではありますが、
過去の経歴に関しては
公式プロフィールでも語られており、
真実だと思われます。

スポンサードリンク
 

マハラージャンの経歴

マハラージャンの幼少期

胎児の頃からモーツァルトを聞かされ育つ

その割に7歳のときにヴァイオリンを習いたいと伝えるとNGだと言われる

その代わり小児喘息克服のため肺活量を鍛える目的で、7歳から剣道、10歳からトランペットを始める

お母さんの影響なのか、
胎教でクラシック音楽を聴いていたようです。
もしかしたら、マハラージャンさんのお母さんも
過去ピアノを弾いたり、
楽器を演奏すると言った音楽に触れ合う機会が
多かった方なんだと思います。
しかし、ヴァイオリンを習いたい!
と思うマハラージャンさんもすごいですが、
ご両親はそれを断ってしまうんですね・・
しかし、10歳からトランペットを始めています。
ここから音楽の道へと進んでいくようですね。

 

マハラージャンの中学時代

中学2年の時、「三年生を送る会」で全校生徒の前で吹いたトランペットが学校の中で話題になり、このころ音楽を志すようになる

 

10歳から習い始めたトランペットが
この中学2年の時に花開いたようです・
学校の中で話題になるレベルなので、
マハラージャンのトランペットの腕前は
相当上手なのかもしれません。

マハラージャンの高校時代

音大の先輩に、「とにかくたくさん音楽を聴け!」と言われ、ポップスから民謡音楽まで様々なものを聞き漁る日々を送る

マハラージャンさんの高校の学校名は不明ですが、
高校時代に音楽大学の先輩と知り合ったんですね。

スポンサードリンク

マハラージャンの大学時代

東京マハマハ大学工学部

これは完全に架空の大学ですね笑
ですが、マハラージャンさんは
本当に工学部出身なのかもしれません。

 

マハラージャンの大学院時代

東京マハチューセッツ大学大学院

マサチューセッツ工科大学になぞっています。
うまいですね笑
大学院は不明ですが、おそらく大学が工学部だったので、
大学院も工学部なんだと思います。

 

マハラージャンの社会人時代

映像制作会社に入社。主にCM制作業務を担当。帰宅後は日々深夜まで音楽制作に明け暮れる。

2年目CMの試写中にどうしても腹が減ってしまい、編集室の後ろでクライアントに見つからないようお稲荷を一口食べたところ、プロデューサーに見つかり怒られ「どうせやるなら人が見ていないところで掃除してるとかいい評判の経つ人になれ!」と言われ「いいことがしたい」が生まれる

飲み会後の席で怖いプロデューサーを前にモジモジしてしまったところ、嫌われ「お前はなぁワシのグラスだけ見とりゃえんや!」を言われ、それ以来グラスを見るとひらすら凝視する癖がつく

CM撮影中、背の高い女性プロデューサーにクライアントの前で3回蹴られる。

好きな映像監督に嫌われれる。

退社

工学部卒業だと思いますが、
映像制作会社に就職されたようです。
しかし、会社から帰ると
自身の音楽制作に勤しんでいたようです。

実際、マハラージャンは素人時代に
モエチュウ
というハンドルネームで
はがき職人をしていて、
星野源のオールナイトニッポンでは
「ねぇ、ねぶって」
という楽曲が最優秀ジングル賞
を受賞しています。

それにしても、エピソードが独特ですよね。
女性プロデューサーに蹴られるというのは、
完全にパワハラであり暴力ですよね。
それがまかり通る環境だったようです・・・
何かと壮絶なエピソードの映像制作での経験ですが、
それをもとに、
マハラージャンさんの楽曲は製作されています。
YouTube中でも一番再生回数が多いのが、
「セーラ☆ムン太郎」です。

動画はいかがでしたか?
独特な映像表現や歌詞が、
マハラージャンらしさを物語っていますね。

 

WEB広告代理店入社

会社向けメールの署名欄に「人を憎まず仕組を憎め」と入った一文を目にし、涙する。

2019年8月

油田LLCより「マハラージャン」としてターバンを巻き、活動開始

2020年

WEB広告代理店退社

「人を憎まず仕組を憎め」
とは、なかなかの名言ですね。
それを目にした涙するなんて、
相当病んでいたのでしょうか?笑
しかし、会社員であれば気持ちはわかりますね。
2019年から油田LLCという
音楽スタジオから活動を開始され、
その後2020年にWEB広告代理店を退社されています。

スポンサードリンク

マハラージャンがメジャーデビューした理由

経歴でご紹介した通り、
マハラージャンさんは小さいことから
音楽に触れる環境にあったようです。
学校を卒業してからは、
音楽とは少し違う
CM制作会社に就職しますが、
帰宅後は音楽制作に励み、
素人ながら受賞歴もあります。
そして、会社員時代に経験した
理不尽な出来事をバネにして、
その経験から生まれた歌詞が
世間からも認められ
アマチュアからわずか2年で
メジャーデビューすることになりました!
今後の活躍に期待しましょう!

 

まとめ

・マハラージャンさんは小さいころから音楽に触れていた

・マハラージャンさんはトランペットがうまい

・マハラージャンさんの年齢は非公開だが30代と思われる

・マハラージャンさんは1度転職している

 

以上です。最後までお読みいただきありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!