東名高速でレーザー照射した犯人は常習犯!逮捕で名前や画像は?

2021年9月12日、
東名高速道路を走っていた車に
対向車がレーザーポインターを
照射するという事件が発生しました。

どうやら、犯人は常習犯であり、
今回が初めてではないようです。

犯人の顔画像や名前について
気になって調査したので、
皆さんにご紹介していきます。

スポンサードリンク
 

東名高速でレーザー照射した犯人は常習犯!

レーザーポインター照射された動画

事件が起きた場所は
東名高速道路の愛知県内の
豊川インター付近で、
事件が発生した時間は
2021年9月12日AM1時頃
だそうです。

対向車からかなり離れた距離から
緑色のレーザーポインターが
照射されていることがわかりますね。

テディ
レーザーポインターってこんなに明るいんだ
リサ
失明する恐れもあったし事故につながる危険もあるわね

常習犯である証拠

過去にはトラックの運転席から
緑色のレーザーポインターが照射された
という被害を訴えるツイートもあり、
どうやらこの犯人は
常習犯である可能性が高いです。

大阪府茨木市で
レーザーポインターを照射されたと
訴える方もいます。
今回と同じように
犯人の車両はトラックなようです。

 

 

2019年には
首都高でレーザー照射をされたと
被害を訴えている方のツイートをご紹介します。
やはり犯人はトラックですね。

 

スポンサードリンク
 

逮捕で名前や画像は?

では、東名高速道路でレーザー照射した犯人は
逮捕されたのでしょうか?

 

2021年9月17日時点では
まだ逮捕はされていません。

 

しかし、被害を訴えている
映像提供者のキヌパンマンさんによると

「9月16日には警察に相談する」

ということなので、
事件化されると思います。

過去の目撃情報から察するに、
犯人は首都高や大阪を往復している
長距離トラックのドライバーの可能性が高いです。

そして、ドライブレコーダーで撮影された
動画の証拠があるので、
そこから犯人のトラックが割り出されて、
逮捕される日はそう遠くないと思われます。

スポンサードリンク

【追記】容疑者が書類送検されました!

2021年10月7日、
東名高速でレーザーポインターを照射した犯人が
書類送検されました

東名高速でレーザーポインターを
照射したとして、愛知県警は7日、
大阪市のトラック運転手の男(61)を
道路交通法違反(道路における禁止行為)の疑いなどで
書類送検した。
「対向車のライトがまぶしかった。
相手に知らせるつもりで照射した」
と容疑を認めているという。

引用元:https://www.asahi.com/

 

東名高速でレーザーポインターを照射した
犯人の名前や顔画像は公開されていません。

なぜ逮捕ではないのか?
という疑問が残りますが、
おそらくけが人や物損といった
具体的な被害がなかったため
逮捕ではなく書類送検された
と思われます。

スポンサードリンク

ドライブレコーダーの重要性

ドライブレコーダーは
かなり装着率が増えてきていますね。
そして、事故や事件が起きたときは
非常に有力な証拠にもなるので、
ドライブレコーダーを装着したほうが
いいのかもしれません。

 

筆者もドライブレコーダーを探していますが、
上記のドライブレコーダーが売れ筋No.1で、
前後にカメラがあるタイプなので、
後ろから煽られたりした場合でも、
証拠動画を残すことができます。

 

 

こちらは前方のみのタイプですが、
1万円を切ったWEB限定商品で、
コスパがいいですね!
夜間でも鮮明に映像を残してくれます。
気になった方は、
ぜひチェックしてみてください。

 

スポンサードリンク

まとめ

  • 東名高速道路でレーザー照射した犯人は常習犯の可能性
  • レーザー照射した犯人はまだ逮捕されていない
  • レーザー照射した犯人はトラックドライバー

 

続いて下記の記事をご覧ください。

 

最新情報をチェックしよう!