田中裕二の脳梗塞原因の前大脳動脈解離とは?後遺症が原因なのか気になる!

2021年1月20日、爆笑問題の田中裕二さんが
くも膜下出血・脳梗塞で緊急搬送され
入院したことがわかりました!
手術の必要はなく、
大事には至っていないそうですが、
念のため1ヶ月程度休養するそうです。

田中裕二さんは2020年8月に
新型コロナウィルスに感染し、
2週間ほど療養し復帰しています。
新型コロナウィルスは血栓ができやすい
ともいわれていて、
今回の脳梗塞・くも膜下出血は、
新型コロナウィルスに
かかったことによるものか?
と心配されれいます。

田中裕二さんが手術をしない理由については、
こちらでご紹介しています。

 

関連記事

2021年1月20日、爆笑問題の田中裕二さんが 頭痛のために緊急搬送され、 病院に搬送されたところ、 前大脳動脈解離による くも膜下出血・脳梗塞で 頭痛が引き起こされたことがわかりました。 手術の必要はないそうです。 しかし、[…]

 

スポンサードリンク
 

 

 

田中裕二さんの緊急搬送に関する報道内容

お笑いコンビ、爆笑問題の田中裕二(56)が前大脳動脈解離によるくも膜下出血、脳梗塞と診断され、都内の病院に入院したことが20日、分かった。所属事務所「タイタン」の公式ホームページで発表された。

同サイトに掲載された文書によると、田中はこの日午後2時ごろ、頭痛を訴えて救急車で搬送されたという。病状については「搬送された病院での処置により、幸い大事に至る事はなく、さらなる検査の結果、今のところ手術等の必要性もなく田中裕二本人にも変わりありませんので、入院期間1週間程度の診療計画となりました」と報告。大事をとって1カ月ほどは休養するという。

~引用元:日刊スポーツ

 

田中裕二さんが
頭痛を訴えた原因について、
前大脳動脈解離とされており、
それが原因で
くも膜下出血
脳梗塞を引き起こしたそうです。

 

スポンサードリンク

田中裕二の脳梗塞原因の前大脳動脈解離とは?

前大脳動脈解離の「前大脳動脈」とは?

その名の通り大脳の前のほうに、
血液や栄養を送る
非常に重要な血管のひとつです。

~引用元:https://uekent.hatenablog.com/

 

 

前大脳動脈解離の「大動脈解離」とは?

大動脈とは、
体の中では一番太い血管(大動脈)です。
それが裂けて出血してしまう病気です。
この状態を放っておくと、
血液がその先に送られなくなり、
脳細胞は酸素が足りなくなって、
さらに栄養も行き届かなくなります。
結果として
脳細胞が死んでしまい、脳梗塞
となります。
一度死んだ脳細胞は
生き返ることはありません。なんと、
病院に搬送される前に死亡してしまう
ことがあるほど、
非常に危険で、
緊急を要する病気だそうです。

 

大動脈解離は、血管のいちばん内側にある内膜に亀裂が入り、そこから血液が一気に流れ込み、次の中膜が裂けて剥離を起こす病気です。中膜の剥離が進んで外膜まで破れると、大出血を起こすこともあります。
大動脈解離の場合、ほとんどの人が経験したことがないほどの激痛を感じます。引き裂かれるような痛みとか、バットで殴られたような痛みと表現する人もいるほどです。
~引用元:https://www.healthcare.omron.co.jp/

 

~引用元:https://www.byouin.metro.tokyo.lg.jp/

 

スポンサードリンク

くも膜下出血とは?

脳の周りの空間にある「くも膜下腔」
という部分で出血したことを指します。
この「くも膜下腔」は、
脳脊髄液という体液で満たされていて、
たくさんの血管も走っています。
血管が破れることで、
脳内の圧力が高まることによって、
突然頭痛がしたり、
そして意識障害を起こします。

 

~引用元:http://www.nouge.net/

 

今回、田中裕二さんは
突然激しい頭痛がしたため、
救急車を呼んで搬送されたそうです。
救急車を呼ぶのが遅かった場合、
最悪亡くなっていたり、
後遺症が残る可能性もあったとうことですね。
今回、田中裕二さんは
手術の必要もないそうなので、
大事には至りませんでした。
後遺症も残らないようなので
本当によかったですね。

 

ひとつ気になるのはなぜ
前大脳動脈解離が起きたか
ということです。
一般的な原因として挙げられるのは、
高血圧、外傷、血管の病気の3つです。
しかし、田中裕二さんの場合は、
2020年8月に新型コロナウィルスに感染しており、
その影響、後遺症ではないかと噂されています。
次の章で詳しく解説します。

スポンサードリンク
 

後遺症が原因なのか気になる!

日本血管外科学会という団体が
新型コロナウィルスと
血栓リスクについて発表した文章がありました。

 

新型コロナウイルス感染者における血栓リスクについて
重度の急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)によって引き起こされるウイルス性呼吸器疾患である新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、過度の炎症、血小板活性化、内皮機能不全、およびうっ血などにより、動脈系・静脈系の両方で血栓性疾患を起こしやすくなるとの報告が蓄積されてきています。

~引用元:http://www.jsvs.org/

 

この血栓リスクについて、
日本だけではなく海外でも
同様のリスクが指摘されています。
また、報道によると、
重症患者の13%で
脳梗塞などの血栓症が発症している
というデータがあるそうです。

下記の報道特集の動画では、
30代女性が血管炎を発症し、
退院後も不整脈の状態が続いていると話しています。

スポンサードリンク

まとめ

  • 爆笑問題田中裕二さんが緊急搬送される
  • 診察の結果、前大脳動脈解離によりくも膜下出血・脳梗塞を発症
  • 前大脳動脈解離とは、前大脳にある太い血管(大動脈)が裂ける病気
  • 手術の必要はなく1ヶ月程度休養

 

以上です。最後までお読みいただきありがとうございます。

 

併せて読みたい↓

関連記事

2021年1月20日、爆笑問題の田中裕二さんが 頭痛のために緊急搬送され、 病院に搬送されたところ、 前大脳動脈解離による くも膜下出血・脳梗塞で 頭痛が引き起こされたことがわかりました。 手術の必要はないそうです。 しかし、[…]

最新情報をチェックしよう!