田中裕二が手術しない理由はなぜ?今後の治療はどうなる?脳梗塞とくも膜下出血で入院

2021年1月20日、爆笑問題の田中裕二さんが
頭痛のために緊急搬送され、病院に搬送されたところ、
前大脳動脈解離によるくも膜下出血・脳梗塞
頭痛が引き起こされたことがわかりました。
手術の必要はないそうです。
しかし、大事をとって1ヶ月ほど休養されるそうです。

脳梗塞、くも膜下出血と聞くと、
「非常に重い病気で、難しい手術をしたり、後遺症が残る」
というイメージがあります。
では、田中裕二さんはなぜ脳梗塞の手術しないのでしょうか?
調査しましたので、ご紹介していきます。

前大脳動脈解離に関しては、こちらでご紹介しています。

併せて読みたい↓

2021年1月20日、爆笑問題の田中裕二さんが くも膜下出血・脳梗塞で緊急搬送され 入院したことがわかりました! 手術の必要はなく、大...

スポンサードリンク

田中裕二が手術しない理由はなぜ?

田中裕二さんの所属事務所の発表

平素より大変お世話になっております。
本日、午前 2 時ごろ、弊社所属の爆笑問題・田中裕二が自宅にて頭痛の為、救急車により都内の病院に搬送されました。
その後、検査の結果、前大脳動脈解離による、くも膜下出血、脳梗塞と診断されました。

搬送された病院での処置により、幸い大事に至る事はなく、さらなる検査の結果、今のところ手術等の必要性もなく田中裕二本人も変わりありませんので、入院期間1週間程度の診療計画となりました。しかし、動脈解離が前大脳であるために大事を取って一か月程度休養させて頂くことと致します。

いつも応援してくださる皆様、関係者の皆様には、大変ご迷惑とご心配をお掛け致します。

弊社と致しましても田中裕二の健康を第一に考え、当面の間、担当医と相談の上、活動再開に向けて最善を尽く所存です。

大変お騒がせし恐縮ではございますが、何卒、宜しくお願い申し上げます。

~引用元:http://www.titan-happy.jp/

所属事務所タイタンの代表取締役である
太田光代(爆笑問題太田光さんの奥さん)が
上記の文書を発表しています。
発表した2021年1月20日の夜には、
アクセス殺到のため、事務所のサイトが閲覧できなくなるほど、
世間に大きな衝撃を与えました。

過去に脳梗塞を発症した有名人

脳梗塞を発症した有名人を挙げると、
長嶋茂雄さん、西城秀樹さん、
星野源さん、Mr.Children桜井和寿さん
といった方々が発症しています。

長嶋茂雄さんと西城秀樹さんは、
脳梗塞により手術をしますが、
後遺症で右半身に麻痺が残りました。
そして、西城秀樹さんは
2018年に心不全のために亡くなっています。

星野源さんは2012年にくも膜下出血を発症。
2度も手術を行い、現在は後遺症もありません

この投稿をInstagramで見る

Gén Hoshino 星野源(@iamgenhoshino)がシェアした投稿

しかし、Mr.Childrenの桜井和寿さんは小脳梗塞を患い、
治療のため1年4ヵ月も芸能活動を休止しました。
手術はしていないそうです。
なぜ、手術をせず、どうやって克服したのでしょうか?

くも膜下出血、脳梗塞で手術するとは限らない

桜井和寿さんは、2002年に小脳梗塞を発症。
半年間にわたって休養しました。
しかし、手術は行っておらず、再発防止のために
薬を飲んだり、食事制限、激しい運動を控える
といった治療で克服しています。
発症から1年4か月ほどで仕事復帰されました。

この投稿をInstagramで見る

RI+KA(@majyorika7)がシェアした投稿

発症したきっかけは、自宅から外出した際に、首に違和感を感じます。
その後は視界がおかしくなったり、しびれが出てきて、
体調が悪くなり、自分のクルマを運転して病院に向かったそうです。
しかし、病状は進行していたようで、
携帯電話のボタンを押せない状態になります。
そして病院で検査したところ、
梗塞により血管が破れた痕跡があり、
絶対安静となりました。
入院後しばらくは足がもつれて歩行困難になるなど、
日常生活にも影響が出ました。

田中裕二さんの場合

田中裕二さんは頭痛がきっかけで、
山口もえさんが119番通報をします。
病院に搬送されたあとは、会話もでき、
特に変わった症状はないとのことでした。
病院で検査した結果、
前大脳動脈解離が原因だと発見されたようですが、
一時的な症状のみで済んだということだと思われます。

くも膜下出血、脳梗塞は早期発見が重要だと言われれいます。
一時的な軽い症状で済んだのは、たまたま自宅で妻の
山口もえさんと過ごしていたときに、
頭痛の症状が出たからのようです。
もし、これが一人で過ごしているときだったり、
誰も通報せず、そのまま過ごしていたら、
もっとひどい症状になれば、
当然手術を受けることになったり、
最悪の場合は後遺症が残ったり、
死亡する可能性もあったのではないでしょうか。

スポンサードリンク

田中裕二さんの今後の治療はどうなる?

手術の必要がないとのことですが、
定期的に病院に通う必要はあります。
1週間程度入院し、1ヶ月休養するそうですが、
退院後も定期的に病院に通う必要はあります。
血栓ができないようにする投薬治療を行ったり、
食事制限の可能性もあります。
気になるのは、新型コロナウィルスに感染したことによる影響ですね。
それに関しても、検査されるのではないでしょうか?

詳細が発表されていませんので、
わかり次第追ってご紹介していきます。

まとめ

・田中裕二さんが手術しない理由は、前大脳動脈解離による、くも膜下出血、脳梗塞が、
一時的なもので済んだため。
・田中裕二さんの治療は、投薬治療や食事制限が中心かと思われる。
・新型コロナウィルスの影響に関する検査も行われる可能性。

以上です。最後までお読みいただきありがとうございます。

併せて読みたい↓

2021年1月20日、爆笑問題の田中裕二さんが くも膜下出血・脳梗塞で緊急搬送され 入院したことがわかりました! 手術の必要はなく、大...
受験生の方にとって大切な 大学入試共通テストで起こった出来事です。 2021年1月16日に大学入学共通テストの際に、 マスクを着用する...

ISC広告
スポンサーリンク
Zucs【スポンサーリンク】
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする