ゾフィ上田航平が立ち上げた劇団エピソードがヤバイ!まさかの高学歴に驚き!

2020年9月19日にテレビ朝日系列で放送された「激レアさんを連れてきた。」で、

演劇界の鬼才と思われたくて常軌を逸したトガリ方をしていたら、

仲間全員に逃げられ仕方なく一人で挑んだ公演で火災を起こして文字通り炎上した人

として、お笑いコンビ、ゾフィーの上田航平さんが出演されました。

2017年と2019年にはキングオブコントのファイナリストにも選ばれているので、

名前や顔を見たことある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

上田航平さんのプロフィールと、過去のエピソードについて、ご紹介します。

 

スポンサードリンク
 

 

プロフィール

・名前:上田 航平(うえた こうへい)

・生年月日:1984年12月17日

・出身地:神奈川県藤沢市

・身長:170cm

・趣味:読書、サウナ、じゃがいも

・特技:子供に勉強を教える、本・海外ドラマの知識、執筆活動

・最終学歴:慶応義塾大学法学部政治学科卒業

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゾフィー 上田航平(@zoffy_ueda)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゾフィー 上田航平(@zoffy_ueda)がシェアした投稿

腹話術の人形「ふくちゃん」を使ったネタが人気です。

 

中学は男子校だったそうで、お笑い研究会を作るために校長先生に直訴しにいきます。

学校の文化祭で中国語漫才をやってなかなかウケたらしく、

これがお笑いの道へ進む第一歩だったのかもしれませんね。

 

高校は神奈川県の県立湘南高校。

偏差値はなんと74!このころから超エリートだったんですね!

 

最終学歴はなんと慶応義塾大学卒業

エリートですね~!

ちなみにオリエンタルラジオの中田敦彦さんも慶応義塾大学卒業です。

上田航平さんのお父さんは、慶応義塾高等学校で野球部の監督を務めた

上田誠さんという、その世界では非常に有名な方です。

~出典:https://www.townnews.co.jp/0103/2015/06/18/287886.html

 

 

スポンサードリンク
 

 

劇団立ち上げ

大学生のときに演劇サークルに入り、その中でもおもしろいと評判になります。

そして、卒業直前の2007年1月にそのメンバー2人と

劇団「ザ・カルチャーズ」を立ち上げます。

卒業後は就職せずに、アルバイトで講師をしながら公演を重ねていき、

全盛期には約50人の劇団員を抱えるまでになりました。

 

やりたいことを全部やりたいがために、偉そうな態度をとることもあり、

とても尖っていた性格だったために、

メンバーたちとの距離がだんだん離れていくことになります。

あるとき、20人くらいで居酒屋でミーティングをしたとき、

どうもメンバーたちが言いたそうな雰囲気が漂っていたため、

 

「文句があるんだったら言えよ」

 

と言い放ったところ・・・

「しんどい」

というメンバーが現れます。

 

「わかった、じゃあもう本当にやりたいやつだけやればいいし、やりたくないやつは帰れよ」

 

と言い放った途端、

 

その場にいた20人が全員帰る事態に・・・。

 

結局団員全員が辞めて、劇団は上田航平さんただ一人になってしましました。

 

しかし、尖っていた上田航平さん。

この出来事にもめげずに、脚本、舞台、音響、照明、宣伝など

すべて一人でやることを決意し、劇団を再始動。

テレビ局、新聞社などにも取材を申し込むなど、

一人でがむしゃらに頑張ります。

2008年6月には朝日新聞神奈川版で取材を受けた時の様子が記事になっていました。

2007年1月に劇団設立

2008年6月に一人で劇団を運営

ということなので、わずか1年ちょっとの短い期間で、

劇団員が50人までに増えて、そして全員辞めていったんですね・・

よほど尖っていたんでしょう・・・

 

 

一人で劇団を運営していましたが、

 

公演で火災が発生

 

そのことがきっかけで、メディアから叩かれまくり、

文字通り炎上してしまい、そのまま劇団は終了となりました。

 

相当な借金の抱え、もうだめだというときに、

前の相方である流木ターナーさんと「チェルシー」というコンビを組み、

そして、2014年に現在の相方であるサイトウナオキさんと

お笑いコンビ「ゾフィー」を結成し、現在に至ります。

 

 

超エリートな学歴と、壮絶な過去を持つゾフィー上田航平さんをご紹介しました。

 

同日の「激レアさんを連れてきた。」で紹介された

老舗和菓子店の御曹司と結婚して「ウフフッ」と思っていたら、

実は倒産寸前だったので創業200年の伝統をぶっ壊してV字回復させた人

として紹介された吉村由依子さんの記事も併せてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!