エタノールとメタノールの違いは?なぜ飲むと危険なのか理由を調査!

ロシアで、メタノール入り密造酒を飲んだ32人が
なくなるというニュースが入ってきました。

エタノールとメタノールは同じアルコール。
しかし、メタノールは飲むと危険で
失明したり、亡くなるケースがあります。

エタノールとメタノールの違いや
危険性について、
気になって調査したので、
皆さんにご紹介していきます。

スポンサードリンク

エタノールとメタノールの違いは?

メタノールの中毒事件

ロシア南部のオレンブルク州で、
地元で造られた密造酒を飲んだ
住民64人が中毒症状を起こし、
32人が死亡しました。
押収された密造酒には
人体に有害なメタノールが含まれていて、
死亡した住民の体内からは
致死量の3倍から5倍の
メタノールが検出されたということです。
捜査当局は、密造酒の販売に
関わった疑いで9人を拘束しています。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

 

ロシアといえは極寒の地域であり、
体を温めるために
アルコールを好んで飲みます。
ウォッカが代表的な強い
アルコールですよね。

密造酒ということは
酒税を逃れるために
作られたもののようです。
そして、安価に手に入った
エタノールをアルコール代わりに使用して
中毒事故を起こしてしまったそうです。

 

スポンサードリンク
 

 

エタノールもメタノールの違い

エタノールもメタノールも
両方ともアルコールの仲間です。

エタノールは酒類にも
含まれていて、
飲んでも害はありません
また、手指などの消毒用としても
エタノールが使用されます。

 

しかし、問題なのはメタノールです。
メタノールは燃料として使われる
工業用のアルコール。
そして劇物に指定されています。

 

スポンサードリンク
 

 

エタノールとは?(発酵エタノール)

サトウキビなどの糖質と、
トウモロコシなどのでんぷん質を
発酵して作られます。

お酢の減量やみそ・しょうゆなどの
食品の防腐のために使用されます。
そのため、口にしても問題ありません。
また、消毒用として
薬局やドラッグストアで販売されています。

 

スポンサードリンク

エタノールとは?(合成エタノール)

原油や天然ガスを原料として
化学合成されて作られます。
主に化粧品や医薬品の原料になり、
食品用とは分けられています。

メタノールとは?

メタノールを大量に摂取してしまうと
視神経にダメージを与えて
失明したり、
最悪の場合は死に至ります。

これだけ聞くと、非常に危険なことが
お判りいただけると思います。
しかし、このような劇薬でも、
薬局やドラッグストアで

「燃料用アルコール」
「メチルアルコール」
として販売されています。

 

 

簡単に手に入り、
「アルコール」
と記載されているので、
消毒用として誤って購入される方も
非常に多いそうです。

ですが、絶対に消毒用として
使用しないようにしてください!!

スポンサードリンク
 

なぜ飲むと危険なのか理由を調査!

メタノールはホルムアルデヒドに分解される

メタノールは体内に入ると、
体内の酵素によって分解されて
ホルムアルデヒド
という物質に変化します。

ホルムアルデヒドは
なんとなく聞いたことがある方も
多いのではないでしょうか?
ホルムアルデヒドを含んだ接着剤が、
家の壁紙工事で使用されていて、
それが原因でシックハウス症候群になった
ということを聞いたことがあると思います。

スポンサードリンク

ホルムアルデヒドは蟻酸に分解される

ホルムアルデヒド自体が有害物質ですが、
体内では最終的に蟻酸に分解されます

 

この蟻酸は一部のアリが
毒として持っている物質で、
これが体内に入ると
皮膚がやけどしてしまったり、
視神経にダメージを与えます。

こういった理由から
絶対にメタノールを飲んではいけません!

スポンサードリンク

まとめ

  • エタノールもメタノールもアルコールの仲間
  • エタノールは食品の防腐や消毒用として使われる
  • メタノールは劇物であり燃料として使われる
  • メタノールはホルムアルデヒドから蟻酸に分解される
  • 蟻酸は毒性の強い物質

 

続いて下記の記事をご覧ください。

最新情報をチェックしよう!