ノーマルタイヤ雪道走るとどうなる?違反うっすらでも危険!動画検証

大雪のニュースが多いですね。

2020年には北陸・東北で大雪のため

関越道で最大2000台の車が立ち往生。

2021年1月には北陸3県で大雪のため

福井県の北陸道や富山県の東海北陸道で

車の立ち往生が発生しました。

こういった地域は雪国で走行する車は

スタッドレスタイヤを履いたり、

タイヤチェーンを巻きます。

しかし、太平洋側の地域など

普段雪が降らないところで

雪が少しでも積もってしまうと

そうこうすることができなくなり

大パニックを引き起こします。そこで、

ノーマルタイヤで雪道を走るとどうなるのか

ご紹介します。

 

 

スポンサードリンク
 

ノーマルタイヤで雪道を走るとどうなる?

法令違反

まず、道路交通法に違反します。

沖縄県以外では

 

積雪や凍結した路面での

「防滑措置の義務」が規定されています。

 

つまり、スタッドレスタイヤや

タイヤチェーンを使用しないと

道路交通法では反則金として

6,000円(普通車の場合)

が科せられます。

 

 

停まらない

JAFが雪道における

ノーマルタイヤのテストを行った動画です

 

上記動画では時速40km/hからブレーキを踏んで

どれだけの距離で停止できるか

というものですが、

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤの比較では

約1,7倍もの差がでました。

そして、タイヤチェーンのほかにも

最近手軽に装着できて安い

「オートソックス」

を使用したテストでも

圧倒的な差が生まれます。

 

 

2012年に東京で大雪が降ったときの動画をご紹介します。

車はノーマルタイヤで

時速40km/hの速度で走行。

前の車がブレーキを踏んだため

撮影者もブレーキを踏みますが

停止できずに・・・・

 

前の車が動かなかったら

確実に衝突していましたね・・・

 

 

坂を登らない

次の動画は2013年に東京で大雪になったときの動画です。

最初に写っている黒のミニバンは

FF車(前輪駆動)で

タイヤが空転していますが、

無理やりふかして

なんとか登り切ります。

次の白い商用バンは

FR車(後輪駆動)であるため

動画4:00あたりで車体が大きく傾き

危うく路線バスに衝突しかけます。

悲惨なのは青色の外車(BMW)ですね。

こちらもFR車で全く身動きが

取れなくなってしまいました。

 

「いや、これってしっかり

道路に雪が積もった場合でしょ?」

 

「ちょっと積もった程度で

こんな大げさなことにならないでしょ?」

 

と思った方、次の章をご覧ください。

 

スポンサードリンク
 

うっすら積雪でも危険動画で検証

次の動画は2021年1月に

普段滅多に積もることのない

福岡県の山間部の峠道での様子です。

 

動画を見る限り

前半部分の道路には

うっすらとしか積もっていませんが

それでも坂を登れず

引き返す車が多数いて

渋滞を引き起こしていますね。

 

 

まとめ

・ノーマルタイヤで雪道を走るのは法令違反

・ちょっとした坂でも登らなくなる

・うっすらでも危険性は同じ

・ノーマルタイヤしかもっていないなら雪が積もったら車に乗らない!

 

 

以上です。最後までお読みいただきありがとうございます。

 

こちらも併せてご覧ください。

大雪で車が立ち往生するのはなぜ?片側2車線なら追い越しできるのでは?

スラムダンク映画化なぜ今?アニメ声優、ストーリー、公開日を紹介!

 

 

 

最新情報をチェックしよう!