ウルフアロンは父親がアメリカ人でハーフなのに英語できない理由!

東京・葛飾区生まれ。
アメリカ人の父と日本人の母を持つ
ウルフアロン選手。
柔道男子100kg級で
見事一本勝ちを決めて
金メダルを獲得しました!
試合の様子を見た視聴者からも
感動と喜びのコメントが相次いでいますね!

そんな中、
ウルフアロン選手の名前について
関心が集まっています。
ウルフアロン選手はどハーフですが、
英語は全く話せずに英検3級と、
中学校の英語レベルだそうです。
なぜ英語が話せないのか?
名前の由来は何なのか?

気になって調査したので、
皆さんにご紹介していきます。

スポンサードリンク
 

ウルフアロンのプロフィール

■名前:ウルフ・アロン

■本名:Aaron Phillip Wolf

■生年月日:1996年2月6日

■年齢:25歳(記事執筆時点)

■出身地:東京都葛飾区東新小岩

 

アロンが苗字、ウルフが名前です。
父親はドイツ系アメリカ人、母親は日本人です。
両親が結婚した際に
父親の性「アロン」を名乗ったので、
ウルフ・アロン選手には
日本の苗字や名前はありません。
ミドルネームも
「フィリップ」
という英語名で、
どこにも日本人ぽさはないですね。

 

生まれも育ちも
東京都葛飾区東新小岩の
下町出身です。
6歳のころから柔道を始めていて、
なんと小学1年生のころには
身長130cm体重30kg
だったそうです!
平均は身長116cm体重12kgなので、
かなりの体格の持ち主だったんですね。
その立派な体格を生かして、
メキメキと実力を
伸ばしていきました。

スポンサードリンク

ウルフアロンの父親

父親はウルフ・ジェームスさんという名前で、
2014年からは駒沢大学の英語講師です。
ドイツ系アメリカ人といっても、
フランスなど7か国の血が
混ざっているそうです。


出典:https://nobiciro.com/

写真を見ても、
かなりのがっちり体系ですよね。
ザ・アメリカ人という感じもします。
ウルフ・アロン選手の身長181㎝より高く、
190㎝を超えると言われています!
体系に似合わず柔道は経験がないそうです。

スポンサードリンク

名前の由来は一匹狼?

ウルフアロンという
名前にも注目が集まっていて、

ウルフアロン=Wolf Alone
「名前の由来は一匹狼?」

なんていうふうに
ネットで騒がれました。
しかし、
Aaron Phillip Wolf
が本名であり、
Aloneではありません。
この名前は
ウルフアロン選手の父親が名付けた
そうですが、
名前の由来は知らないそうです。
たいがい自分の名づけられたルーツを
両親から聞いたりしますので、
ちょっと意外ですよね。

スポンサードリンク

ウルフアロンの母親

ウルフアロン選手のお母さんは
ウルフ美香子さんといいます。
2021年時点で51歳。まだ若いですね。
教育熱心なお母さんだったそうで、
中学生時代には
テストの1週間前になると
柔道の練習を休んで
試験勉強に集中させた
そうです。
そういったお母さんの甲斐もあって、
学年3位の成績を収めた
こともあるそうです!

 

テディ
勉強もできて柔道も強くてすごい選手だね
リサ
まさに文武両道よね。オリンピックで金メダルを取れて、両親も喜んでいるでしょうね

 

父親が英語教師でアメリカ人となれば、
下町生まれのウルフアロン選手も、
きっと家でも英語を
使っていそうですよね。

しかし!
ウルフアロン選手は
英語をしゃべれません。
いったいなぜなのでしょうか?

スポンサードリンク

ウルフアロン選手がハーフなのに英語できない理由!

英語講師の父親
そして教育熱心な母親を持ち、
学年3位の成績をとったこともある、
ハーフであるウルフアロン選手。
なぜ英語が話せないのでしょうか?

テディ
ハーフってかっこいいし英語も堪能なイメージだよね
リサ
ウルフ・アロン選手の英語レベルは一般の日本人を同じらしいよ

ウルフ・アロン選手の
両親の馴れ初めは不明ですが、
どうやら日本で出会ったようです。
父親もアメリカ人とはいえ、
日本で生活していたんだと思われます。
そのため日本語も堪能なんですね。
ウルフ・アロン選手のお母さんとの出会いも、
おそらく日本国内での話なんだと思います。

そういった経緯もあり、
家では日本語しか使わなかったようです。

スポンサードリンク

ウルフ・アロン選手は成績優秀

学年3位の成績を収めた
中学生時代には
ウルフ・アロン選手は
英検3級を取得しています。
しかし、中学生の英語で成績が良くて、
英検3級を持っていたとしても、
英語が話せるとは限りません。

そもそも大学の英文科を
卒業したからといって、
英語が話せるわけでも
ありませんよね。

 

大学講師である
父親譲りの頭脳と体格、
そして母親の教育に対する情熱。
こういったとが、
ウルフ・アロン選手が
金メダルを獲得するまで
成長できた証なんですね。

今後の活躍を期待しましょう!

スポンサードリンク

まとめ

  • ウルフアロン選手の父親は駒沢大学の英語講師でドイツ系アメリカ人
  • ウルフアロン選手の母親は教育熱心
  • ウルフアロン選手は小学1年生で身長130cm体重30kg
  • ウルフアロン選手は中学で学年3位の成績をとった

 

関連記事

様々なトラブルを抱えてスタートした 2020東京オリンピック。 2021年8月7日に閉幕されました。 当サイトで掲載した、 東京オリンピック関連の記事を まとめましたので、 皆さんにご紹介していきます。 スポンサードリンク[…]

 

併せて下記の記事もご覧ください。

最新情報をチェックしよう!