河村たかし市長が噛んだ金メダルが交換!費用の請求金額がヤバイ!

後藤希友選手が
名古屋市役所に表敬訪問したときに、
河村たかし市長がメダルを噛んだことで
批判が殺到していました。

なんとその金メダルが
交換されることがわかりました。
金メダル交換費用については
河村たかし市長に請求されますが、
一体請求金額がいくらなのか?

気になって調査したので、
皆さんにご紹介していきます。

スポンサードリンク

河村たかし市長が噛んだ金メダルが交換!

金メダルが交換されることについての報道内容

名古屋市の河村たかし市長が
東京オリンピックの金メダリストの
メダルをかんだ問題で、
このメダルが新たなものに
交換されることに決まったことが、
日本テレビの取材でわかりました。

関係者によりますと、
後藤投手はかまれたメダルについて、
チームで勝ち取って表彰式で
授与されたものだとして、
新しいメダルとの交換を
辞退する意向を
示していたということです。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

愛知県知事である大村知事は、
当初から金メダルを交換を要望していました。
さらに文部科学大臣も
「教育上非常によくない」
とコメントを発表していて、
河村たかし市長は
批判の的となっていました。

スポンサードリンク

金メダル交換辞退で交換予定の新しい金メダルはどうなる?

後藤希友選手はメダル交換について
辞退する意向を表明しています。
では、交換予定の金メダルは
どうなるのでしょうか?

辞退する予定だからと言って

「わかりました。交換はなしです」

というわけには行きません。

 

  1. 実際に新しい金メダルが用意される
  2. 後藤希友選手はメダル交換を辞退する
  3. 新しい金メダルは大会組織委員会が持ち帰り保管
  4. 河村たかし市長に請求

 

という流れになると思われます。

 

当初、組織委員会はメダル交換について

製造されはメダルに欠陥や
問題があった場合のみ交換に応じる

と発表していて、
金メダルを交換することについて
拒否する姿勢を示していました。

 

テディ
無償交換無理なら金払えばいいでしょ?ってことになったのかな
リサ
トヨタ自動車も激おこだったから、いろいろと圧力があったのかな?

しかし、批判が殺到したため、
おそらく政治の力が働き、
河村たかし市長個人に
交換費用を請求することで
話がまとまったようです。

【8月7日追記】

後藤選手の所属先であるトヨタ自動車が
IOC(国際オリンピック委員会)に
金メダルの交換を要請したそうです。
トヨタ自動車はIOCの最高位のスポンサーでもあり、
そのトヨタ自動車からの要請を
重く見たIOCや大会組織委員会が
予備のメダルを交換することになりました。

テディ
トヨタ自動車ってすごいな。さすが世界のトヨタ
リサ
IOCを動かす日本企業なんてそうそうないわね。

 

では、いったい費用はどのくらいなのでしょうか?

スポンサードリンク
 

金メダルが交換!費用の請求金額がヤバイ!

金メダルというと
非常に高価なイメージがありますよね。
しかし
金メダルというのは純金ではありません

 

テディ
え?純金じゃないの?それって金メダルって言えるの?
リサ
銀メダルに金メッキされてるんだって。

確かに当初は金メダルは純金製
だったこともありますが、
製造コストが非常に高いので、
1916年のベルリンオリンピック以来、
銀メダルに金メッキが施されている
ものになりました。

スポンサードリンク

金メダルの規定

オリンピック憲章において、
金メダルの規定があります。
それによると

純度92.5%以上の銀に6g以上の金メッキが施すこと

とされています。

6g以上と書かれているので、
10gでも20gでも問題ありません。
ですが、製造コストの観点から見ても
規定ギリギリの
6gの金メッキがされているようです。

 

ちなみに今回の東京五輪の金メダルは、
日本国内から集まった
使用済み携帯電話や小型家電などの
リサイクル金属から作られています。
環境に配慮したメダルなんですね。

スポンサードリンク

金メダルの金属としての価値は?

東京五輪の金メダルは556gだそうです。
そして銀メダルは550g。
金メダルは銀メダルに金メッキされているので、
東京五輪の金の使用量重は規定通り6gですね。

 

まず金の価値から計算していきます。
金の小売価格は1gあたり7000円ほどです。

7,000円×6g=42,000円(金の価値)

 

次は銀の価格です。
銀の小売価格は1gあたり100円ほどです。

100円×550g=55,000円(銀の価値)

 

よって、東京五輪の金メダルの価値は

42,000円+55,000円=97,000円

ということになります!

 

おそらくこれに
製造コストや運送コストが上乗せされるので、
河村たかし市長への請求金額は10万円以上
となりますね。

この請求金額について
河村たかし市長個人に請求されるそうです。
まさかこれを経費として計上しようもんなら、
名古屋市民から非難轟々になることは明らかなので、
ポケットマネーから支払われる
と思われます。

スポンサードリンク

まとめ

  • 金メダルの交換費用は河村たかし市長に請求される
  • 後藤投手は新しいメダルとの交換を辞退する予定
  • 東京五輪の金メダルの金属としての価値は97,000円
  • 河村たかし市長への請求金額は10万円以上

 

関連記事

名古屋の河村たかし市長が ソフトボール日本代表の 後藤希友選手の金メダルを 噛んだことについて 批判が殺到しています。 そもそもなぜ金メダルを 噛む行為が始まったのは なぜでしょうか? 気になって調査したので、 皆さん[…]

関連記事

名古屋の河村たかし市長が 後藤希友選手の金メダルを 噛んだことに対する話題で 世間がざわついています。 謝罪見の様子や 河村たかし市長を辞任させる方法について、 気になって調査したので、 皆さんにご紹介していきます。 […]

 

続いて下記の記事をご覧ください。

最新情報をチェックしよう!