地域共通クーポンを使ってわかったこと③オンライン予約サイトの割引額が続々と減額に!その理由とは?

  • 2020年10月10日
  • 2021年5月25日
  • 旅行

2020年10月1日東京都在住の方の旅行や、

東京都内の宿泊がGoToトラベルキャンペーンの対象に含まれました。

また地域共通クーポンの配布も始まり、

いよいよGotoトラベルキャンペーンの全ての施策が揃って、さて旅行業界が盛り上がるか?

 

と思った矢先!

 

 

一部旅行会社やオンライン予約サイトにて、

GoToトラベルキャンペーンの実質的に割引率の縮小となるルール変更が行われました。

それではご紹介していきます

 

給付金枠が追加され、Go Toトラベルキャンペーンの割引率が

元に戻る可能性が高くなりました。

10月13日時点での最新状況を随時ページ最後のまとめに記載しています。

10月13日正午より続々と割引額が元に戻りました。

詳細は

Go To トラベルの割引額が給付金枠追加により復活!各サイトの状況まとめ(随時更新中)

をご覧ください。随時更新中です。

 

 

スポンサードリンク

楽天トラベル

地域共通クーポンの配布については、加盟店の少ない電子クーポンではなく、使い勝手がよい紙クーポン対応を行っていた楽天トラベル。

しかし、2020年10月9日に突如としてGotoトラベルキャンペーンの割引クーポンの条件変更が行われました。

 

今までは楽天トラベル会員であれば回数制限なしで利用できたGotoトラベルキャンペーンクーポン(最大35%OFFクーポン)ですが、10月9日より

1会員につき1枚(国内宿泊では1予約1部屋、国内ツアーでは1予約)まで

と、なりました。

その新しいクーポンは

【国内宿泊】<GoToトラベル>1月までのご宿泊で使える最大35%OFFクーポン(1会員1予約限定・先着利用88万枚)

というものです。

 

 

また、10月8日まで配布していた

【国内宿泊】<GoToトラベル>1月までのご旅行で使える最大35%OFFクーポン(先着利用136万枚)

このクーポンについては、利用枚数の上限に達したため、2020年10月8日をもって終了し、既に獲得していたクーポンも無効になりました・・・

(既に予約済の旅行に関しては問題なく適用されます)

 

旅行なんて滅多にしないという方にはあまり問題ないですが、

楽天トラベルのヘビーユーザーにとっては非常に痛い条件変更です。

筆者はGo To トラベル開始してから、楽天トラベルにて7泊ほど利用し、

さらにルール変更後にも1泊予約したため、もう楽天トラベルを使った割引ができません。

今後のホテル予約では楽天トラベルは使いません!

 

なぜ突如として1会員につき1予約のみにしたのか?

 

Q&Aでその理由が公開されています

Q:何故1会員1回までに変更したのか?

A:GoToトラベルの予算は国民の税金のため、楽天トラベルとしてより多くの会員様に公平にクーポンがご利用いただけるように取り組んでおり、10月から東京追加も始まったことで、公平性を確保するための環境が整ったと考えております。

 

※ただし、航空券+宿泊のダイナミックパッケージでは、

Go To トラベルの割引額の上限は今まで通り14,000円です。

宿泊単体の予約で、新ルールが適用されます。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

じゃらん

こちらも2020年10月9日に突如ルール変更がありました。

 

2020年10月10日(土)2:00以降に予約した場合、

割引上限金額は1人1泊あたり最大3,500円(税込)に変更。

1人1泊あたり10,000円以下は最大35%割引となります。

また、下記については変更ありません。

・1人あたりの回数制限はございません(何度でもご利用いただけます)
・ 2020年10月10日(土)2:00より前に行った予約
・地域共通クーポンの上限金額(1人1泊あたり6,000円)
・Go To トラベル クーポン(じゃらんパック専用)の利用条件

 

楽天トラベルのように、Gotoトラベルキャンペーンの割引が適用される回数の制限はないものの、1人1泊につき最大3,500円というのは、

10,000円以上の宿を予約する場合は実質的に割引率の縮小ということですね。

逆にホテル側の立場からすると、今まで高級宿を中心として盛り上がっていましたが、

今回の割引率の縮小により、10,000円以下の宿に対しては有利ということになります。

 

国の説明では

【Go To トラベル キャンペーンとは?】
新型コロナウイルスの影響を受けた地域における需要喚起、地域の活性化を国が主導して行うキャンペーンです。
キャンペーン期間中、国内旅行を対象に、旅行代金の1/2相当額(35%相当の旅行代金、上限は1人1泊あたり14,000円)が還付されます。

としているので、これではキャンペーンの趣旨と変わってくると思うのですが・・・

そこは国も文句は言わないようです。

 

※ただし、航空券+宿泊のダイナミックパッケージでは、

Go To トラベルの割引額の上限は今まで通り14,000円です。

宿泊単体の予約で、新ルールが適用されます。

 

詳細はこちらをご覧ください

 

スポンサードリンク

Yahoo!トラベル

 

TOPページの一番上に赤枠で示されていますが、

2020年10月10日より

Go Toトラベルの割引上限額が1人1泊3,500円までになりました。

地域共通クーポンのもらえる額については変更ありません。

 

・1人あたりの回数制限はございません(何度でもご利用いただけます)

・10月10日午前0時より前に取られたご予約は、宿泊日に関わらず従来の割引上限(1人1泊あたり最大14,000円)が適用されます。

・地域共通クーポンの上限金額は変更ありません(旅行代金の15%相当、ただし1人1泊あたり最大6,000円分)

・10月10日午前0時以前に発行されたクーポンは無効となります

・過去のご予約に後からクーポンを適用される場合、10月10日午前0時以降は上限3,500円の変更後のクーポンが適用されます

 

ん~これではじゃらんと同じく10,000円を超える宿泊では、

割引率が35%以下となりますので、安い宿にしかメリットはありませんね・・・

 

※ただし、航空券+宿泊のダイナミックパッケージでは、

Go To トラベルの割引額の上限は今まで通り14,000円です。

宿泊単体の予約で、新ルールが適用されます。

 

詳細はこちらをご覧ください

 

スポンサードリンク

一休.com

 

こちらもヤフーグループのため、

2020年10月10日午前2時30分より

Go To Travelクーポンの割引上限金額が1人1泊あたり3,500円に変更されました

 

Relux

こちらも2020年10月11日に突如として下記のお知らせを公開。

 

Go To トラベルキャンペーンに関する重要なお知らせ
「Go To トラベルキャンペーン」につきまして、ご好評につき給付金額の予算上限に達しましたので、販売終了となりました。
販売再開の際には、Reluxのメールマガジンならびに本キャンペーンページにてお知らせいたします。

再開の可能性を匂わせる文章なので、いつかのタイミングで再開しそうですね。

 

他のOTA

2020年10月10日時点では大手予約サイトはこの3つですが、

今後もるるぶトラベルなどの予約サイトも、

割引額縮小の流れに追従する可能性は捨てきれません。

 

Booking.com、agoda、Expediaといった海外予約サイトは、

上記の国内予約サイトとは違い、少し出遅れてGo To トラベルの割引をスタートしたので、

国内予約サイトよりは割引される期間が長く続くと思われますが、まったくもって不透明な状況です。

 

 

 

なぜGo To トラベルの割引額を変更したのか?

 

Go To トラベル事業の総予算額は

1兆1,300億円です。

 

それに対して予算消費額は9月15日までで、

735億円(6.5%)

と非常に低い消化率です。

 

理由としては、旅行需要が高まる8月に新型コロナウィルスの感染が広がったため、

東京都を発着する旅行が除外されたこと。

そして、感染拡大のために旅行を控える風潮になったこと。

 

Go To トラベルキャンペーンが始まった当初は

2020年7月22日から2021年1月31日までの期間とされていましたが、

予算的に余裕があることから

「(1月末は)あくまで目安で、終了するということではない。予算の執行状況を見ながら、終了時期は判断する」と述べた

と、Go Toトラベルキャンペーン延長の可能性について赤羽国土交通大臣が記者会見で発言。

 

でもなぜ予算に余裕があるのに、楽天トラベルやじゃらんといった

大手予約サイトが割引の縮小が相次いでいるのか?

 

それは各社に割り当てられた給付金の枠というものが存在していて、

その給付金枠の上限に達したり、上限を迎えるスピードが速いと

このように割引額の縮小という流れになっているようです。

 

現に、JR東海ツアーズ一部地域の給付金枠の上限に達したため、割引を見合わせ中。

そしてdトラベル給付金枠の上限の上限に達したため、販売を終了。

ですが、両者ともに給付金枠の追加を申請しているようで、追加が決まれば再度割引商品を販売するそうです。

 

 

スポンサードリンク
 

 

まとめ

楽天トラベルやじゃらんなども給付金枠の追加の可能性はあり得ますが、

今回の出来事からすると、気の旅行会社や旅行先から、割引販売を停止や縮小があり得る

ということがわかりました。

 

(2020年10月13日追記)

次々と予約サイトの給付金枠の上限に達した、または達する恐れがあり

混乱が広がっている状況のため、以下の報道がありました。

 

各事業者への給付金枠については2か月ごとの支給という記載があったので、

次のタイミングとしては楽天トラベルやじゃらんなども、

11月から元の35%割引に戻る可能性が高くなりました。

ですが10月もまだ前半。国が急いでくれれば10月中にも

割引が元に戻る可能性があります。

大手旅行予約サイトでGoToトラベルの割引が制限されたことを受けて、政府は予約サイトの事業者に対して予算を追加する方針を固めた。

大手旅行予約サイトではGoToトラベルの対象に東京が追加されてから予約が急増していて、割引した金額が政府から配分された予算額に迫っているため、割引販売を中止したり、割引の上限額を引き下げるなどの動きが出ている。これを受けて、観光庁は予算を使い切った事業者に対して追加で予算を配分する方針を固めた。

関係者によると、追加で支給する予算はGoToトラベルの総事業費のうち使い道が決まっていなかった分から捻出する方向で検討しているという。(ANNニュース)

 

 

地域共通クーポンについて

地域共通クーポンを使ってわかったこと②

でもご紹介しましたが、電子クーポンは使える店が少ないため、

紙クーポン対応している旅行業者をおすすめします。

 

ですが、紙クーポン対応を行っている楽天トラベル、じゃらんが割引額の縮小を行ってしまいました。

よって、地域共通クーポンの紙クーポンをGETし、お得に予約する場合は、

はじめにこのページにたどり着いた方は

地域共通クーポンを使ってわかったこと①も併せてご覧ください。

 

 

宿の公式予約サイトで予約し、

STAYNAVIで割引クーポン発行をして、

Go To トラベルの35%割引を適用させつつ、

地域共通クーポンの紙クーポン

GETすることをおすすめします。

 

 

 

はじめにこのページにたどり着いた方は

地域共通クーポンを使ってわかったこと①

地域共通クーポンを使ってわかったこと②

Go To トラベルの割引額が給付金枠追加により復活!各サイトの状況まとめ(随時更新中)

も併せてご覧ください。

最新情報をチェックしよう!