地域共通クーポンを使ってわかったこと②加盟店少ない電子クーポンではなく紙クーポンをGETする方法

  • 2020年10月9日
  • 2021年5月25日
  • 旅行

地域共通クーポンを使ってわかったこと①が好評で、

さらにいろいろと新しい情報が出てきたため第2弾の記事を作成しました。

さて、まずは地域共通クーポンのおさらいです。

 

 

スポンサードリンク
 

 

地域共通クーポンって何?

①2020年10月1日以降に開始するGo To トラベル対象旅行について、

旅行代金の15%を地域共通クーポンとてもらえます。

(Go Toトラベルキャンペーンの割引前価格の15%です)

1,000円未満の単数は四捨五入。

端数が500円以上の場合は1,000円のクーポンが付与されます。

 

 

②地域共通クーポンとしてもらえる上限は、

1名1泊あたり6,000円分、日帰りは3,000円分です。

 

③旅行期間中に限り、旅行先の都道府県内と隣接した都道府県内の対象店で、

地域共通クーポンを使えます。

 

【補足1:使える期日】

例えばホテル2泊を予約サイト経由で予約した場合は、

そのホテルのチェックイン日からチェックアウト日まで

3日間しか使えません。

 

【補足2:使える都道府県】

県境を接している都道府県で使えます。

(岐阜県に泊まった場合は、富山県・石川県・福井県・長野県・愛知県・三重県・滋賀県で使用可能)

 

紙クーポン電子クーポンの2種類があり、

額面1枚1,000円単位で発行し、お釣りはでません。

配布方法は旅行を予約した事業者によって異なります。

 

紙クーポンの見本

電子クーポンの見本

 

【補足】

楽天トラベルやじゃらんは、紙クーポン対象です。

Go To トラベルキャンペーン対象宿泊施設を予約した場合は、

宿泊施設チェックイン時に紙クーポンがもらえます。

 

⑤取扱店舗は、取り扱い店舗検索マップ

一番わかりやすい方法で、スマホでも確認しやすいです。

 

店頭にロゴ入りステッカーやポスターが貼ってあるので、

それを確認してください。※貼ってないところもあります

 

 

 

 

電子クーポンが使えない店ばかり

10月2,3日に筆者が飛騨高山へ行ったときの実体験だと、

観光名所周辺のお土産店や観光客向けの物販店では、

だいたいのお店で地域共通クーポンを使えました。

 

 

ですが

 

 

紙クーポンのみ使えて

 

電子クーポンが使えない店が多数あります!

 

せっかく地域共通クーポンをもらって、

 

「観光地でおいしいものを食べたり、お土産買っていこう♪」

 

とお店へ行っても、

電子クーポンお断りな状態なのです。

 

 

 

「地域共通クーポンが使える店が少ない問題」に関しては、残念ながら旅行者ではどうしようもできません・・・

飲食店で利用できるところが少なく、

 

旅行と言ったらグルメ!

 

と意気揚々と地域共通クーポン検索マップで飲食店を探しても、ほとんどが未対応・・・

10月1日に地域共通クーポンの配布がスタート後も、少しずつ使えるお店は増えてきているようですが・・・・

 

せめて使えない電子クーポンではなく、使える店が多い紙クーポンをGETできる方法ならあります!

ということで、大手旅行サイト別の地域共通クーポン配布方法をご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

旅行会社別地域共通クーポン配布方法

旅行会社 配布方法
楽天トラベル 紙クーポン
じゃらん 紙クーポン
自社サイト(STAYNAVI経由) 紙クーポン
Agoda 紙クーポン
一休.com 電子クーポン
Relux 電子クーポン
Booking.com 電子クーポン
Expedia 電子クーポン
るるぶトラベル 電子クーポン
ヤフートラベル 電子クーポン
ANAトラベラーズ 電子クーポン
JALパック 電子クーポン

オンライン予約サイトは、ほとんどが電子クーポンです・・・

そんな中、大手の楽天トラベルとじゃらんは

神(紙クーポン)対応

 

 

また、宿の公式予約サイト&STAYNAVI(Go To トラベル割引クーポン発行サイト)

を利用すればこれも神(紙クーポン)対応

まあ宿側としては紙クーポンは非常に手間ではあるんですが・・・・

 

 

では、次に店頭販売も行っている大手旅行会社をご紹介します。

会社名 予約方法 配布方法
JTB 店頭予約 紙クーポン
WEB予約 電子クーポン
HIS 店頭予約 & WEB予約 電子クーポン
近畿日本ツーリスト 店頭予約 紙クーポン
WEB予約 電子クーポン
日本旅行 店頭予約 & WEB予約 電子クーポン

 

Go To トラベル事務局の発表では、旅行業者の店頭で販売された旅行に関しては

「紙クーポン」での配布を原則としていましたが、日本旅行など一部の旅行業者では

「電子クーポン」で対応しているようなので、必ず利用する旅行業者へ

あらかじめ確認したほうがよさそうです。

 

紙クーポンの受け取り方

①紙クーポン対応の旅行業者の店頭にて旅行を申し込んだ場合

旅行会社で旅行代金を生産するときに地域共通クーポンが配布されます。

 

②添乗員付きの旅行の場合

当日添乗員から渡されることがあります。

 

③紙クーポン対応のオンライン予約サイトで旅行を申し込んだ場合や宿泊施設の公式予約サイト(STAYNAVI利用)で予約した場合

宿泊施設のチェックイン時に配布されます。

 

【注意点】

地域共通クーポン発行用のQRコードがオンライン予約サイトで発行されるので、

それが必要と説明されていますが、実際は

QRコードの提示をしなくても地域共通クーポンを配布しているところが多いようです

スマホを持っていない高齢者の方もいるので必須ではないんですね・・・

 

 

電子クーポンの受け取り方

 

宿にチェックインする日の15時(日帰り旅行の場合は12時)に、クーポン受取サイトにアクセスすると受け取ることができます。

その時間より早くアクセスしても受け取ることはできません。

 

【注意点】

チェックイン当日の15時にならないと受け取りができないため、

電子クーポン対応のオンライン予約サイトで予約した場合、

「チェックインする当日にランチで地域共通クーポンを使おう♪」

ということができません。

宿に早めにチェックインしても、15時という時間は変わりません。

15時前に宿のスタッフに

「チェックインしたから早くクーポンちょうだい!」

と言っても、宿のスタッフもどうしようもできません。

もちろん、スマホやタブレット端末が必須です。

当日予約の場合は電子クーポンが発行されないことがあるので、ご注意くださいね。

 

スポンサードリンク

飛行機+宿泊のパッケージ商品の注意点

筆者は10月の北海道旅行でANAのサイトで

飛行機+宿泊がセットになっている

「ANAトラベラーズダイナミックパッケージ」を利用しました。

予約をしたのは

往復の飛行機と、最後の4泊目のホテルを予約しました。

1,2,3泊目は楽天トラベルにてそれぞれ違う宿を予約。

 

 

最後の夜のホテルを予約したのが失敗でしだ・・・

予約したのは9月だったので、この地域共通クーポンを配布される仕組みを知りませんでした・・・

 

 

では本題に入ります。

 

ANAの地域共通クーポンの取扱について

というページに下記の注意点が記載されています。

 

初泊チェックイン日の15:00以降に、スマートフォンでクーポン受取サイトへアクセスして電子クーポンをお受け取りください。

地域共通クーポンのご利用は、初泊チェックイン日の15:00から旅程内の最終宿泊手配のチェックアウト日当日まで有効です。

 

 

 

初日チェックイン日の15:00以降・・・・?

飛行機に搭乗する日ではない・・・・

 

 

そうなんです。

筆者がANAダイナミックパッケージを利用してホテルを予約したのは

最後の夜のホテルです。

 

 

つまり

 

地域共通クーポン(電子クーポン)が受け取れるのは、

4泊5日の旅行中、最後の夜(4泊目)を迎える日の15時。

 

1日目~4日目の15時まで

クーポンをGETできないんです!

この事実を知ったときには、愕然としました・・・

なにせANAで予約した分の地域共通クーポンの額が12,000円となかなか大きかったので、

 

「初日のレンタカー代に充てられる♪ラッキー♪」

 

と思っていましたが、そのもくろみは見事に打ち砕かれました・・

そして最後の夜は網走のホテルをANA経由で予約したので、

地域共通クーポンを使える晩御飯を食べられるお店を探しましたが、

そもそも地域共通クーポンが使える飲食店が皆無

 

 

「仕方ない・・レンタカー返却の際に満タンにするのに、地域共通クーポンを使おう・・・」

 

 

と、ガソリンスタンドで電子クーポンが使える店を探しましたが、網走周辺にはなし。

美幌町にある小さなガソリンスタンドだけ、唯一使えるようでした。

紙クーポンが使える店はあるものの、電子クーポンが使える場所が少ない・・・

 

 

ちなみにJALのダイナミックパッケージも同じように

初泊地(一緒に最初に泊まるホテル)にチェックインする15時でないと

地域共通クーポン(電子クーポン)が受け取りでないようです。

 

 

1泊目~3泊目は楽天トラベル経由でそれぞれ違うホテルを予約したので、ホテルにチェックインするたびに紙クーポンをGET。

1泊あたり5000円程度の地域共通クーポンを各ホテルでもらえたので、ランチ代や観光施設の入場料、そして道中の給油に使い、毎日期限内にしっかりと消費。

 

 

スポンサードリンク
 

 

まとめ

紙クーポンをGETできるのは

 

オンライン予約サイトでは

楽天トラベル、じゃらん、アゴダ

 

旅行会社の店舗での予約では

基本的に紙クーポンを配布。(ただし例外ありなので旅行会社に要確認)

 

 

以上です!

ですが、人気の楽天トラベル・じゃらんですが、

10月8日と9日に相次いでGo To トラベルの割引に関するルールの改悪が発生!

楽天トラベルは回数制限、じゃらんは金額制限を行いました。

これは次の記事でご紹介します。

地域共通クーポンを使ってわかったこと③

 

 

はじめにこのページにたどり着いた方は

地域共通クーポンを使ってわかったこと①も併せてご覧ください。

最新情報は以下でもご紹介中です。

Go To トラベルの割引額が給付金枠追加により復活!各サイトの状況まとめ(随時更新中)

最新情報をチェックしよう!