天才ギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンさん死去。あの有名映画との意外な関係とは?

2020年10月6日、

「Jump」で有名なヴァン・ヘイレンの

ギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレンさんが

がんとの闘病の末亡くなりました。享年65歳。

まだまだお若いですね・・・

息子さんであるウルフさんがTwitterで発表し、

衝撃が世界を駆け巡りました。

スポンサードリンク

「最高の父親だった。オンステージ、オフステージで一緒に過ごした全ての時間が贈り物だった」「この死から完全に立ち直れるとは思えない。本当に大好きだよ、パパ」

と追悼の想いをつづっています。

ヴァン・ヘイレンはオランダ生まれ、アメリカのカリフォルニア州育ち。

1970年代に兄のアレックスさんとともに

ヴァン・ヘイレンを結成しています。

一番有名な曲といえば、やはりJumpですね。

アルバム「1984」でシングルカットされた曲であり、

日本のCMなどにも使用されることが多く

どこかで聞いたこともある方も多いと思います。

Van Halen – Jump (Official Music Video)

エディさんは、右手でギターの弦を押さえる

「ライトハンド奏法」

という演奏法で人気となり、

1983年にマイケル・ジャクソンさんの

「Beat it」にも参加するなど、

その後の世界各国のギタリストたちに

大きな影響を与えている方です。

このオフィシャルビデオの3:10あたりからの

ギターソロパートがエディ・ヴァン・ヘイレンさんです

Michael Jackson – Beat It (Official Video)

また、映画「バックトゥザフューチャー」では

1955年にタイムスリップしたマーティーが

若いころの父「ジョージ」が寝ているときに、

こっそりヘッドフォンをつけて、

ウォークマンで曲を爆音を聞かせるシーンがあります。

Van Halen reference on Back to the Future

この曲は、ヴァン・ヘイレンのアルバム未収録曲

「Out The Window」だそうです。

確かに映画のシーンで映るカセットテープには

「VAN HALEN」の文字があり、そこには小さく

「EDWARD」と、

亡くなったエディさんの名前が書かれていました。

理由はバンドとしての「ヴァン・ヘイレン」からは

劇中に曲を流すことについて許可が下りなかったものの、

エディ・ヴァン・ヘイレンさんの

個人的な許可が下りたからだそうです。

動画では見えづらいので、わかりやすい画像を貼ります。

スポンサードリンク

アーティストの反応

X JAPANのYOSHIKIさんは

10月7日の朝にTwitterで

下記の投稿をしています。

(#RIPとは「安らかにお眠りください」を意味しています)

東京事変のベーシストである

亀田誠治さんも

Twitterで「勇気と夢をありがとう。どうぞ安らかに」

とコメントを発表。

残念ながらこの方が亡くなって

世界に衝撃を与えてしまったりと、

有名なアーティストの方が亡くなった

という報道が多いですね

ご冥福をお祈りいたします。

ISC広告
スポンサーリンク
Zucs【スポンサーリンク】
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする