KENZO創業者の高田賢三さんが死去。プロフィールと自宅も紹介。なぜパリに住んでいたのか?結婚や子供はいる?

2020年10月4日、KENZO創業者であり

デザイナーの高田賢三さんが、

新型コロナウイルス感染により

フランスのパリにある病院で死去されました。

2020年9月中旬に、住んでいるパリで

新型コロナウィルスに感染。

パリ郊外のアメリカンホスピタルで

闘病生活を送っていました。

享年81歳。

その高田賢三さんのプロフィールや、

なぜフランス在住なのか、自宅はどんなところなのか、

ご紹介していきます。

スポンサードリンク

プロフィール

・名前:高田 賢三(たかた けんぞう)

・生年月日:1939年2月27日

・出身地:兵庫県姫路市

・最終学歴:文化服装学院卒業

高田賢三さんは世界的に有名なファッションブランドKENZOの創業者です。

高校卒業後は、神戸市外国語大学へ進学されましたが、

やはりファッションの道へ進みたいという

夢をあきらめきれずに、

大学を中退し、文化服装学院へ入学。

この文化服装学院の同期は世界的に見ても

超有名デザイナーの方がいらっしゃいます。

このメンバーは「花の9期生」と呼ばれています。

・コシノジュンコ(ブランド名:JUNKO KOSHINO)

・金子功(ブランド名:カネコイサオ)

・松田光弘(ブランド名:NICOLE)

パリに住んでいた理由

1965年にフランスにわたり、

1970年にフランス・パリ市内で、

高田賢三さんのアパレル店をオープン。

それがKENZOの始まりでした。

(最初は「ジャングルジャップ」という店名でしたが、

ジャップというのは日本人を差別する呼び名だったため

「KENZO」に変更されています)

そして70年代から80年代にかけて

「KENZO」がパリで一番人気のブランドになり、

約20年間で1,000億円以上

の売り上げを記録しています。

しかし、ブランド「KENZO」は

1993年に社長を退任しています。

理由は、共同経営者との確執、

パートナーであったグザビエさんの死、

右腕として一緒にブランドを作り上げた

近藤順子さんの脳梗塞など、

こういったことから精神的に病んでしまい、

自ら辞表を出しています

そしてブランド自体も売却してしまいました。

その後は、表舞台から姿を消すものの、

日本のアパレル業界とプロジェクトを立ち上げたり、

住んでいるフランスで主に活躍されていました。

自宅

パートナーのグザビエさんと2人で設計した自宅は、

パリのバスティーユ地区にありました。

日本の伝統文化と西洋の文化を融合させた

超豪邸でした。

その推定金額はなんと

10億円以上!!

インテリアはまるで

ルーヴル美術館を思わせるような

様々な仏像や屏風などの

伝統工芸品や歴史的価値のあるものが

並んでいたそうです。

~出典元:http://www.pavone-style.com/

ですが、2009年にこの豪邸を売却し、

その後はパリ市内のアパートメント

住んでいたそうです。

結婚はされておらず、お子さんもいらっしゃいませんでした。

アパートメントといっても、

日本のような1ルームのような

質素なものではなく、

室内は相変わらず様々なアート作品などで

埋め尽くされた豪華な自宅だったようです。

下記は、自宅のエントランス部分だそうです。

これが自宅とは・・・驚きですね。

まるで美術館のようです。

スポンサードリンク

著名人からの追悼コメント

4年前、高田賢三さんが77歳のときに撮影された動画を見ても、

とても80歳前には見えず、

エネルギーにあふれている方だと感じることができます。

デザイナー高田賢三が若者に向けたメッセージ

同じくフランスに住む辻仁成さんや、

歌手の加藤登紀子さんといった

著名人の方がコメントを発表されています。

世界的に活躍していた高田賢三さん

日本だけでなく、海外でも反響が大きいようです

有名ファッション誌Vogueもコメントを発表しています。

アメリカのメディアであるCNNも、

高田賢三さんの死を取り上げていました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

新型コロナウィルスに感染といえば、

アメリカ合衆国トランプ大統領も

夫人とともに感染していました。

早く回復することを祈ります。

ISC広告
スポンサーリンク
Zucs【スポンサーリンク】
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする