デヴィ夫人宅に居候している加藤万里奈さんの経歴は?なぜ居候?きっかけは?

2020年10月5日放送のテレビ朝日系「激レアさんを連れてきた。」で

デヴィ夫人の家にがっつり居候している人

として紹介されるのが、加藤万里奈さん21歳です。

口笛奏者という肩書を持つ加藤万里奈さん。

その加藤万里奈さんはどういった人物なのか?

プロフィールや経歴は?

なぜ居候が始まったのか?

そのきっかけは?

についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

プロフィール

・名前:加藤万里奈(かとう まりな)

・生年月日:1998年12月7日

・出身地:茨城県水戸市

・特技:口笛

趣味:乗馬、絵画、バイオリン

・最終学歴:亜細亜大学都市創造学部在学中

この投稿をInstagramで見る

加藤万里奈(@_marinakato_)がシェアした投稿

2013年4月、中学3年生のときに

アメリカ合衆国ノースカロライナ州で開催された

国際口笛大会(IWC)のティーン部門女子部

優勝した経歴を持っています。

その大会はお母さんがたまたまネットで見つけきて応募したという

非常に些細な出来事がきっかけでした。

そこから、プロの口笛奏者と目指すようになりました。

驚きなのが、口笛を本格的に練習し始めたのが、

優勝した7か月前!

たった7ヶ月で優勝するなんて、いったいどんな口笛演奏をするんでしょうか?

その演奏している動画がありましたので、ご紹介します。

Marina Kato

若干14歳にしてこの堂々たる演奏ぶりは、

ただものではないことが伝わってきますね!

ビブラートのかけ方などから

本格的な演奏者だということがわかります!

そしてなんと、このころからすでに

デヴィ夫人と交友があったようです!

詳細は後述しますね。

口笛をはじめたきっかけ

中学のクラスメイトが何気に口笛を吹いているのをみて、

自分も吹いてみたら上手に口笛を吹けたことから始まります。

このきっかけを聞くと、

よくある話に聞こえますが、

そこからプロの演奏者を

目指すようになり、

わずか7か月で国際大会で優勝するなんて、

当時のクラスメイトや周りの人は、

誰も想像していなかったのではないでしょうか?

ですが、当初は家族から

「幽霊が寄ってくるから」

と口笛を吹くことを嫌がられていたそうですが、

加藤万里奈さんのお母さんに

練習していた

「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」

を披露したところ、とても上手だったようで、

家族から口笛を吹くことを認められます

高校時代

高校は水戸啓明高等学校に進学。

高校2年生のときには、

水戸市の「みとの魅力宣伝部長」に就任しており、

そのときの様子がYoutubeにアップされています。

ほぼノーメイクで、またまだ幼い感じが残っていますね。

口笛で水戸の魅力PR 加藤万里奈さん、宣伝部長に

そして高校の卒業式では答辞を読んでいるようで、

加藤万里奈さんの写真がTwitterに投稿されています。

わずか3年前の出来事なんですね。

大学時代(在学中)

亜細亜大学都市創造学部へ進学。

実家は茨城県水戸市のため、デヴィ夫人宅に居候するまでは

通学時間は片道3時間半もかかっていたそうです。

朝5時に実家を出る生活をしていたそう・・・

3時間半ってまるで旅行ですね。

日帰り旅行でも片道3時間半ってなかなかの距離ですが、

それを加藤万里奈さんは毎日通っていたそうです。

なぜか片道3時間半もかけていたのかというと

水戸市が好きで離れたくなかったから

という純粋な理由だそうです。

2019年11月には、亜細亜大学の学園祭で口笛を披露し。

「自分の大学でガチの口笛演奏をするのは実は今回が初めて」

とコメントしていました。

そして同じく2019年には、

アメリカ合衆国ニューヨーク市のカーネギーホールで

日本人初となる口笛演奏を行っています。

スポンサードリンク

デヴィ夫人と出会うきっかっけ

2011年、加藤万里奈が中学1年生のときに、

日本テレビ系列で放送されている

「世界の果てまでイッテQ!」

を見ていたときに

この人と会わなければなれない!

を運命を感じたそうです。

そして、デヴィ夫人と会うために

SNSなどで情報を集めに集めて、

まるでストーカーのように

デヴィ夫人を追っかけていたそうです。

その結果、あるパーティーでデヴィ夫人と会うことができ、

そのときは少しでも印象に残るように

会話が途切れないように、話し続けたそうです。

その結果、デヴィ夫人と加藤万里奈さんに対する第一印象は

「うるさい子」

だったそうで、ある意味加藤万里奈さんの

思惑通りになったというわけですね。

そして、交友を深めていったそうです。

中学3年生のときに出場した、国際口笛大会に出場するときは

優勝すると宣言して、アメリカへ行ったそうです。

結果的には有言実行となったわけですね。

デヴィ夫人宅に居候するきかっけ

さきほどご紹介した通り、

加藤万里奈さんは片道3時間半かけて、

実家の茨城県水戸市から

東京都武蔵野市にある亜細亜大学へ通っていました。

それを知ったデヴィ夫人が

「私の家から大学へ通えばいいじゃないの」

と放った一言がきっかけでした。

そして、都内高級住宅地にあるデヴィ夫人の別宅をリフォームし、

加藤万里奈さん専用の寝室が用意されていたそうです。

デヴィ夫人の自宅は

東京都渋谷区神山町

という、田園調布に次ぐ高級住宅地にあります。

ここをリフォームしたのか、他の住宅なのかは、現時点ではわかりませんでした。

一緒に住むデヴィ夫人と加藤万里奈さん。

朝が苦手な加藤万里奈さんを、

デヴィ夫人がモーニングコールで起こすことが

デヴィ夫人の日課になっているそうです。

さらに、加藤万里奈さんの大学の宿題を

デヴィ夫人が手伝うこともあるそうです!

英語はもちろんのこと、

政治などの難しい課題も一緒に考えてくれるそうですが、

夫人自身がその文章を書いてしますと、

すぐに教授にばれて怒られることもあるとか。

そして、加藤万里奈さんは

LINEが苦手なデヴィ夫人に教えてあげているそうです。

お互い持ちつ持たれつなんですね。

スポンサードリンク

実家はお金持ち?

加藤万里奈さんの趣味は

・乗馬

・バイオリン

・絵画

と紹介されており、

バイオリンは小学生のときに習っていたそうです。

そして、乗馬の趣味も。

この投稿をInstagramで見る

馬馬馬馬馬馬馬馬❤ #乗馬 #馬 #星丸ちゃん愛してるよ

加藤万里奈(@_marinakato_)がシェアした投稿 –

自分で書いた絵画もインスタに投稿しています。

この投稿をInstagramで見る

今日の気分を絵にして描いてみました。

加藤万里奈(@_marinakato_)がシェアした投稿 –

乗馬というのは特にお金のかかる趣味でもあるので、

ご実家はお金持ちとみて間違いないと思われます。

2018年に女優活動も始めている加藤万里奈さん。

今後の活躍に期待しましょう!

同日の「激レアさんを連れてきた。」で

「本当は貧乏でアルバイトを週6で入れているのに、

インスタではセレブ生活を演じ続けている人」

として紹介された、

平山エリカさんもご紹介しています!

ISC広告
スポンサーリンク
Zucs【スポンサーリンク】
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする