ダンサー辻本知彦さんのプロフィールと意外な経歴とは?ダンスを始めたきっかけは?

2020年9月20日にTBS系れるで放送された「情熱大陸」で、

ダンサー・振付師として辻本知彦さんが紹介されました。

米津玄師さんの「STRAY SHEEP」の『カムパネルラ』のMVや、

子供に大人気となっている「パプリカ」のMV、

オーストラリア出身歌手のシーア「alive」の日本版MVに出演した

土屋太鳳さんの振り付けもされています。

そんな辻本知彦さんのプロフィールや、過去の意外な経歴をご紹介していきます。

 

スポンサードリンク
 

 

プロフィール

・名前:辻本知彦(つじもと ともひこ)

・生年月日:1977年12月10日

・出身地:大阪府吹田市

・身長:174cm

・最終学歴:大阪ダンス&アクターズ専門学校卒業

 

この投稿をInstagramで見る

 

真帆@けんたお垢 今も若干低浮上気味。。。(@kentaolovelovelovelove)がシェアした投稿

ダンスを始めたのは1995年18歳のときからです。専門学校に入った時からだと思われます。

今や世界をまたにかけるダンサー・振付師ではありますが、

ダンスを始めたのは意外と遅いんだな~という印象ですね。

まずは経歴をご紹介します

 

 

1995年 専門学校に入学し、ダンスを始める。

1998年 とある企業に就職(後述)

2001年 ミュージカル「ピーターパン」や倖田來未さんのバックダンサーとして活躍

2004年 新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあの専属舞踏団Noismに入団

2006年 パパイヤ鈴木のバックダンサーとして活躍

2007年 「シルク・ドゥ・ソレイユ」にて初の日本人男性ダンサーとして大抜擢され、

2011年 「シルク・ドゥ・ソレイユ」の舞台、

『マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアー』27カ国485公演で活躍。

2015年 帰国。このころから国内でミュージカルや舞台の振り付け師や、

ダンサーとして出演をはじめ、マイケルジャクソンの妹、ジャネットジャクソンのMVに出演

 

2016年 米津玄師さん「LOSER」のMVの振り付けを担当。

他にも平井堅、RADWINPS、MAN WITH A MISSIONといった有名アーティストや

CMなどの振り付けも行っています。

そして、LOSERの振り付けを担当したことが、

「すべてはここからはじまった」と振り返っています。

 

 

2019年に放送されたポカリスエットのCMで、

高校生たちが激しく踊る特徴な「雨のち晴れ」篇も、

なんと辻本知彦さんが振り付けを担当されたそうです。

 

 

2020年にはUQモバイルのCMも担当されています。

バブル期に活躍したwinkさんの「淋しい熱帯魚」の替え歌で、

シュールに踊る3人が特徴的なCMですね。

2019年頃から、振付師としての仕事が増えて、

ダンサーとして自ら踊る機会が少なくなっているそうです。

 

スポンサードリンク

ダンサーとして活躍するきっかけ

1998年に東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドに就職しています。

そして、15th東京ディズニーランドパレードダンサーとしても活躍されています!

 

まさかミッキーマウスの中の人・・・?

 

入社3年程度ではさすがにそんな大役は任されないとは思います笑

 

 

振り付け師としてのきっかけ

 

2016年に、覆面アーティストとして知られるオーストラリア出身歌手・シーアの新曲

「アライヴ」の日本版ミュージックビデオの振り付けを担当したことが、

振り付け師としてのきっかけだったと、ご本人のTwitterでつぶやいています。

そのミュージックビデオがこちら

 

辻本知彦さんの激しい振り付けを見事にこなす土屋太鳳さんの身体能力にも驚きです!

 

結婚している?奥さんはどんな人?

辻本知彦さんは、結婚や嫁、といったプライベートは一切公表していません。

一時期、交際が噂になった女性ダンサーがいたようですが、

あくまでも友人の一人ということでした。

ですが、いろいろ調査した結果、2020年9月現在結婚されていないようです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!