ポスト安倍、石破茂さんの素顔はオタク?反安倍を掲げて次期総理に!?

安倍首相の電撃退任発言から、ポスト安倍として話題になることが多い石破茂さん。

2018年の自民党総裁選では、安倍総理の対抗馬としてただ一人立候補し、残念ながら落選。

政治家の方は、なかなかとっつきにくいと思われがちですが、

その素顔をわかりやすく、紹介していきます。

 

スポンサードリンク
 

 

プロフィール

・名前:石破 茂(いしば しげる)

・生年月日:1957年2月4日

・出身地:鳥取県八頭郡八頭町(旧郡家町)

・身長:176cm

・趣味:鉄道、アイドル、軍事

・特技:料理、読書、遠泳

・最終学歴:慶應義塾大学法学部卒業

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shigeru Ishiba(@ishibashigeru)がシェアした投稿

お父さんは建設官僚、お母さんは国語教師で教育熱心、そしてクリスチャンだったそうです。

石破茂さんもその影響で幼稚園に通わされいました。

1958年からお父さんは鳥取県知事となり、住んでいたのは20LDKの知事公邸

応接間だけで3つあり、庭は立派な日本庭園そのもの。

これだけ聞くとすごい豪邸のように思いますが、

焼け残った廃材を使って建てたという、ぼろぼろな知事公邸でした。

消防署から「危険建築物」と認定されていましたが、

お父さんは他のことに予算を回し、知事公邸を建て替えようとはしなかったそうです。

 

5歳頃、知能テストというのを受けた際に、知能指数が160という結果が出たそうです。

そして、小学生のころは毎日1時間偉人伝の本を朗読させられていました。

鳥取大学教育学部附属中学校を経て、慶應義塾高等学校、そして慶応義塾大学へ進みます。

別の記事で紹介した河野太郎さんも慶応義塾高等学校、慶応義塾大学なので、

石破さんは河野さんの先輩にあたります。

大学を卒業後は三井銀行で4年勤め、1986年の衆議院議員選挙に当選し、

そこから議員の道へと進みます。

スポンサードリンク

オタクその1

当初は国鉄(現在のJR)に入社をしたかったようですが、

お父さんから反対されて、三井銀行に入ります、

ちなみに、国鉄に入りたかった理由は、

「朝から晩まで電車や汽車と一緒にいられるだけで幸せ」だと発言されています。

根っからの鉄道オタクだったんですね。

自身のことを「乗り鉄」と呼び、たびたび鉄道オタクとしてニュース番組やバラエティー番組にも出演しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ボンネット型特急電車。大満足♡ #石破 #地方創生 #鉄ちゃん #ボンネット型特急電車 #クハ489-501

Shigeru Ishiba(@ishibashigeru)がシェアした投稿 –

 

オタクその2

キャンディーズという1970年代に大活躍したアイドルのおっかけをしていました。

そのころのバスツアーに参加したときの画像がネットに出回っています。

キャンディーズの元メンバーで女優の田中好子さんが55歳で亡くなった際は、

熱烈なキャンディーズファンとして自民党本部で記者団に対し、

「本当の同時代を生きた私たちの青春そのもの。大事な友達を亡くしたような思いだ」

とコメントを発表しています。

スポンサードリンク

オタクその3

自他共に認める軍事オタクとして有名で、過去には防衛大臣も経験されています。

映画「シン・ゴジラ」に対しコメントを求められたときは、真剣に答えています。

軍事オタク、そして元防衛大臣として、安全保障に関する問題は常に真剣に考えています。

過去に、田中真紀子さんが防衛大臣になったとき、石破さんが田中さんを質問攻めにし、

田中真紀子さんがしどろもどろになるということもあったそうです。

 

2018年の総裁選挙出馬の際には、公式イメージソングを作っていたようです。

初めて聞きました・・・笑

I・SHI・BAがとてもインパクトがありますね笑

 

そして、LINEスタンプも制作・販売していたようです

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shigeru Ishiba(@ishibashigeru)がシェアした投稿

購入した人、いるんでしょうか・・・笑

 

石破さんの立ち位置

前回の自民党総裁選でも安倍さんと石破さんが戦いました。

それからわかるように、どちらかというと反安倍といわれており、

アベノマスクに関しても批判的な立場をとっています。

地方の自民党員に人気がありますが、中央の国会議員には不人気だと言われています。

今回の自民党総裁選は二階幹事長の権限で緊急選挙という扱いになり、

地方の自民党員の票の力が弱い形になりました。

詳細は菅義偉さんの記事で紹介しています。

今回2020年の総裁選では負ける予想ですが、

2021年以降の総裁選では、そのときの内閣の支持率次第では勝ち目があるかもしれません。

 

まとめ

・防衛大臣を経験した自他ともに認めるホンモノの軍事オタク

・鉄道オタクとしても有名

・2018年には自民党総裁選に出馬し、安倍さんに負け落選を経験

 

何かと話題にあがることの多い、石破茂さん。

今後の動きにも注目です!

最後までお読みいただきありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!