紅白初出場GReeeeNが顔出しで登場!本物?それともCG?

2020年12月31日に放送された

第71回紅白歌合戦では、

GReeeeNが企画枠で初出場しました。

紅白でもARという

拡張現実で4人が映し出されましたが、

顔が一切隠されることなく

CGではありますが表情まではっきりと

写っていました。

GReeeeNの本物の顔?

それともCG架空の顔?

と話題になっていましたので

ご紹介していきます。

スポンサードリンク

報道内容

第71回NHK紅白歌合戦」が31日、生放送された。

顔出しNGで活動してきたGReeeeNは、AR(拡張現実)を駆使した“顔見せCG”でステージに登場した。「世界中でエールを送り合ったこの年に歌えて、うれしく思います」とメッセージを送って、連続テレビ小説「エール」の主題歌「星影のエール」とヒット曲「キセキ」を披露。

実際のメンバーの顔に似せていたのかや、生歌唱だったかについて、NHKは「制作に関わることなので、回答を差し控えさせていただきます」と明言を避けた。

~引用元:デイリー

これが実際に放送されたものです

世間の反応

4人の顔の真実

ARで登場した4人の顔については

映画「キセキ」でGReeeeNを演じた

成田凌、菅田将暉、横浜流星、杉野遥亮

の4人に似せたCGだったようです。

~引用元:eiga.com

~引用元:twitter

菅田将暉さんと杉野遥亮さんの髪形は違いますが、

成田凌さんと横浜流星さんは特徴がそのまま

CGにも表れていますね。

映画「キセキ」は、

GReeeeNの代表曲「キセキ」の誕生秘話を、

松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で

描かれた青春ドラマです。

2017年に公開され、一躍人気の映画になりました。

映画『キセキ ーあの日のソビトー』予告編

本物と勘違い

CGであることに気づく

視聴者は多いものの、

その顔が本物のGReeeeNだと

信じている視聴者も多いようですね。

まとめ

・GReeeeNが紅白歌合戦で初出場

・AR(拡張現実)で実際にスタジオにいるような演出

・顔が写っていたので「ついに顔出しした!」と話題に

以上です。最後までお読みいただきありがとうございます。

こちらも併せてご覧ください。

NiziUミイヒ復帰後顔がふっくらしたのに足や手首も細い理由は何?

NiziUマヤは痩せすぎが体調不良の原因はダイエット!?

草彅剛結婚!新居豪邸の場所はどこ?

ISC広告
スポンサーリンク
Zucs【スポンサーリンク】
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする