アンジャッシュのコンビ復帰はいつ?このまま解散、引退か?

不倫騒動によって2020年6月から芸能活動を自粛していた渡部建さんは、2020年12月3日、1時間半に及ぶ長時間の謝罪会見を行いました。

そして、2020年12月7日には、日本テレビ系「笑ってはいけないシリーズ」の渡部建さんの出演部分をカットして放送しない方向で進んでいることがわかりました。

アンジャッシュは解散するのでしょうか?

コンビでの復帰はどうなるのでしょうか?

ご紹介していきます。

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

児島一哉さんと渡部建さんの関係

11月25日には、児島一哉さんのYoutubeチャンネル「児島だよ!」では、陣内智則さんをコラボゲストに招いています。陣内智則さんも不倫スキャンダルで叩かれた経験があるため、渡部建さんをどうやったら復帰させることができるのか?ということを2人で語っています。最終的には

「謝罪会見行ってほしい。1度ボロボロに叩けるべき」

という陣内智則のアドバイスがありました。

 

渡部建さんが不倫騒動を起こし、自粛に入っている期間には、児島一哉さんは「俺は味方だ」と話していました。この動画は11月上旬に撮影されていますが、児島一哉さんは渡部建さんが「笑ってはいけないシリーズ」が収録され、テレビ復帰するということを、一切聞いていなかったようです。そして、報道によってテレビ復帰することを知り、もともと不倫騒動前からコンビ仲が微妙だったため、児島一哉さんは渡部建さんに対する不信感が高まっていたそうです。

それでは、このまま解散してしまうのでしょうか?

 

 

渡部建さんでの会見の発言

2020年12月3日の謝罪会見では、渡部建さんが児島一哉さんについて記者からの質問に答えています。

 

Q:今後コンビで活動していくのか?

A:これからですね。まずは今日この会見が第一歩。先々のことに関してはこれからということ。

 

Q:コンビとして活動していきたいか?

A:相手があることですし、これだけ迷惑をかけてしまったので、今はそういうことがおこがましくて言えない。一緒にやりたい気持ちは当然ありますけど、迷惑をかけたくない

 

と発言。渡部建さんはコンビ解散については明言しておらず、むしろ続けていきたいとしています。

 

所属事務所の反応

「笑ってはいけないシリーズ」への出演について

 

「私どもの口から申し上げるわけにはいかない」

 

と、明言を避けています。収録はすでに行われているのですが、おそらく、世間の反応を見て、実際に放送するのか、それとも渡部建さんのシーンをカットするか、日本テレビ側が判断するため、このように明言を避けていると思われます。

そして、渡部建さんの仕事復帰については

 

「オファーがあってのこと。まだ、オファーはない」

 

と話していて、仕事が来ていない以上、メディアに登場することはなさそうです。

また、コンビでの仕事について、所属事務所側はコンビを続けてほしいとしながらも、児島さんと渡部さん次第としていました。

 

 

スポンサードリンク
 

コンビ復帰について

12月5日放送のTBS系「王様のブランチ」に児島一哉さんが出演。「王様のブランチ」は、渡部建さんがMCを務めていましたが、この謝罪会見前に正式に番組を降板することになった番組です。今週あったニュースをおさらいする「エンタメニュースランキング」のコーナーでは、渡部建さんの謝罪会見が紹介され、児島一哉さんは

 

バカたれがお騒がせしてしまって、ご迷惑をおかけしております。本当にすみません。『アンジャッシュ』的には、当分、共演という形はないかな…という。今のところ何も決まってないんですけどね。そういう感じです、はい。

引用元:王様のブランチ

 

と発言していて、何も決まっていないとしながらも、共演はまだ先とのことでした。

しかし、先述の通り解散については考えていないようです。むしろ、どうやったら世間に受け入れられたうえで復帰させることができるのか、真剣に考えているようです。

しかし、実際に謝罪会見を行いましたが、世間的にはこれで良しとはならず、渡部建さんの対応についても、記者の対応についても、様々な批判が殺到し、想定とは違いさらにイメージが悪化する事態となりました。

 

メンタリストDaigoさんは、この記者会見について「今世紀まれにみる胸糞会見」と酷評していました。

 

 

ガキの使いの出演シーン

2020年12月7日には、日本テレビ系「笑ってはいけないシリーズ」の渡部建さんの出演部分をカットして放送しない方向で進んでいることがわかりました。

 

日本テレビが、大みそかの「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」特番で電撃復帰を予定していた「アンジャッシュ」渡部建(48)の出演部分を“お蔵入り”にする方向で調整していることが6日、分かった。

それを受けて渡部は、急きょ今月3日に謝罪会見を開いた。批判をかわす狙いもあったとみられるが、大みそかの出演を見合わせる方向になったのは「世間の批判が根強いことを考慮して局が判断した」(同局関係者)という。

電撃復帰をお膳立てしたのは、渡部がレギュラー出演していた同局の人気番組「行列のできる法律相談所」の中心スタッフだった。今回の年末特番にも参加しており、渡部側と出演交渉して先月18日に収録を行った。同局関係者は「温情から渡部さんの復帰を考え、サプライズ出演を計画したが世間の空気が分かっていなかった。渡部さんの参加は出演者も知らなかっただけに、そこにも多大な迷惑をかけてしまった」とした。

~引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/6b08468693f6e4c03c8aa7c0c9b8b40612a71f5b

 

これによって、さらにアンジャッシュとしてのコンビの復帰はもちろんのこと、渡部建さんがテレビ番組などに復帰する時期も不透明となりました。

 

まとめ

・渡部建さんは児島一哉さんとの復帰について「一緒にやりたい」

・児島一哉さんは「何も決まっていないけど共演はまだ先」

・事務所は「コンビを続けてほしいけど、児島さんと渡部さん次第

・児島一哉さんは渡部建さんの復帰を望んでいながらも不信感あり

 

 

以上です。最後までお読みいただきありがとうございます。

こちらも併せてご覧ください

アンジャッシュ渡部建がガキ使で復帰?なぜこんなに早い?原田龍二や袴田吉彦と比較。

アンジャッシュ渡部建の会見内容まとめ!ガキ使出演はどうなる?

最新情報をチェックしよう!